アイメイクのやり方

アイメイクのやり方と順番

アイメイク,やり方,方法,仕方,アイライン,一重まぶた,テクニック,基本,初心者,簡単

アイメイクのやり方は自己流っていう人、意外と多いです。

 

でか目に見せたいからと太くて濃いラインを入れてみたり、マスカラをたっぷり付けちゃったりとか。

 

アイメイクのやり方はコツを覚えればとっても簡単です。初心者さんもまずはナチュラル、かつ目力のあるアイメイクの基本をマスターしましょう。

 

まずはアイメイクに必要なアイテムは揃っていますか。これがなくちゃ始まりませんよ。アイカラーは単色から始めてみましょう。淡い色のパール感のあるカラーがいいですよ。

 

アイボリーとかラベンダーとか優しいアイシャドウなら失敗しません。黒のマスカラ、ペンシルタイプのアイライナー、そしてビューラーを用意します。

アイメイクの順番

アイメイクの順番ですが、最初にアイカラーをまぶた全体に指の腹を使って伸ばしていき、境目は指先でぼかしてあげます。

 

下まぶたは指ではなくてチップを使い、目頭から目じりまで ぼかさないで塗ります。

 

次にアイメイクのラインを入れやすくするためにビューラーでまつげを上げちゃいましょう。根元からしっかりカールさせておいてくださいね。

 

アイメイクのやり方

アイライン

アイメイクのやり方で最も重要となるのがアイラインですよね。ラインさえ上手に描ければ印象もがらりと変わってきますよ。

 

ライナーを目じりからまつげの内側からまつげの生え際を塗りつぶして いきます。ちょっとガタついてしまった?大丈夫、綿棒かアイカラーのチップでぼかしていき、1本のラインなるよう仕上げてください。

 

マスカラ

最後にマスカラです。下側に鏡を置いて、まず 中央のまつげの根元からたっぷりつけていき、毛先はさっと抜く感じで。目じり側、目頭側にも同様に。そして下まつげにもブラシを横にして撫でるようにつけていきます。

 

一重まぶたのアイメイクのやり方

一重まぶたや奥二重の人は目を大きくみせようとアイメイクは太目のラインを引いてしまいがちです。でも目を閉じたときにかえって目立ちすぎてしまうので、アイラインは目尻側だけを太くしてみましょう。

 

これで一重でもパッチリとした印象になります。またピンクのアイカラーを選んだ場合、一重や奥二重の方はかえって目がはれぼったく 感じてしまいますが、その場合は濃淡の2色使いで際を濃いあずき色などで引けばすっきりと見えます。

 

 

アイメイクが滲んだら

さあ、どうでしょうか、シンプルだけど、パッチリとしたナチュラルアイメイクが完成しました。

 

でもせっかくアイメイクをばっちと仕上げても、汗や油分でにじんでしまう場合がありますよね。これはアイメイクのやり方というより、化粧のメイク方法が少し間違っているのかもしれません。

 

乳液やリキッドのファンデーションを目のきわまでつけないこと。でもパウダーは逆にたっぷりつけておくことで油分を吸収してくれてにじまなくなりますよ。下地も手を抜かないこと、これがアイメイクを綺麗に仕上げるテクニックでもあるのです。

 

 

スポンサードリンク


 
TOP アイメイクのやり方