コンタクトレンズを買うなら通信販売がお得?

コンタクトレンズ通信販売について

コンタクトレンズ,通信販売,購入方法,ネット販売,格安,送料無料,楽天,処方箋,安い,種類

コンタクトレンズを通信販売で買うのは、種類、カラーが豊富、送料無料、格安そして処方箋不要という理由が挙げられると思います。

 

最近では老眼や乱視、遠近両用のコンタクトレンズも通信販売で購入できるため需要はさらに増えつつあるようです。

 

コンタクトレンズは通信販売以外の購入方法としては病院が併設しているコンタクトレンズ専門店が一般的ではないでしょうか。

 

眼科医の診察を受け、視力や角膜のカーブ度合い、目の疾患など、症状に問題があればコンタクトレンズを買うことができません。

 

スポンサードリンク

 

楽天ネット販売などのコンタクトレンズ通信販売でも処方箋のデータが必要なショップもありますし、全く必要ないショップもあります。

 

つまりは以前に眼科で診察を受け、今までコンタクトを使用してきた人はデータさえわかっていればどんなショップでも購入は可能となります。

 

とはいえ初めて使用される人や、長い期間使用していなかった人、今のコンタクトが合っていない人は目の健康を考えば、安いから便利だから、ファッションだからと不用意に購入を考えるのではなく、基本は診察をうけて処方箋を入手するという認識が必要です。

 

コンタクトレンズはデリケートな医療器具ですから、トラブルを防ぐためにもカラーや使い捨てのファッション性重視のものであっても、検査・コンタクトレンズのはずし方など装用指導等を受けられてから購入されることをおすすめします。

 

コンタクトレンズの通信販売では、ニーズに合わせて老眼の方にも遠近両用のものも数多く販売されています。レンズにはハード、ソフトの2種類用意されいるので
いままで装着ていたレンズを使用されればよいかと思います。

 

通販ではケアが楽な使い捨てタイプのレンズがメインともいえます。一日使い捨て一か月分の値段は 2000円〜3000円が多く、若干高い金額となっています。コンタクト使用する方のトラブルはケア不足のため目の角膜を傷つけてしまうことです。

 

使い捨てタイプのものを 何日も使うことは避けるべきでしょう。涙液分泌や化粧品などの汚れは眼病の原因にもなりますので保護用の目薬やレンズの洗浄液でコンタクトレンズを正しくケアすることも必要です。

 

 

スポンサードリンク


 
TOP アイメイクのやり方