赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因と症状

アトピー性皮膚炎,赤ちゃん,原因,症状,湿疹

原因は

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、乳児アトピー性皮膚炎といいます。

 

アトピー性皮膚炎の原因は、家族の誰かがアレルギー体質であるという遺伝的要素が多ものです。

 

もともと赤ちゃんにアレルギー体質があるものに食物や環境からアレルゲンの侵入が加わることによってアトピー性皮膚炎が起こると考えられています。

 

一歳前の乳幼児に多く発症し、大人になるにつれ自然に治る場合も多いのですが、最近では治らないケース、大人になってから発症するケースも増えてきています。大人の場合には悪化させると脱毛や白内障などを引き起こすこともあります。

 

スポンサードリンク
症状は

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の症状は顔や体に(特に顔、耳たぶの下、首、手足の関節の内側など)、強いかゆみを伴う赤みのある湿疹が慢性的に出るものです。

 

一歳くらいまではじゅくじゅくとした滲出液が見られ、特徴としては耳の後ろがただれたり切れたりする「耳切れ」が見られます。

 

また1、2歳を過ぎた幼児期では皮膚は乾燥しやすく全身がカサカサとした状態になります。

 

季節によっても夏は軽減されますが、冬場は乾燥のために悪化したりと症状が変化します。

 

生後2・3ヶ月では、乳児湿疹や脂漏性湿疹と似た症状でもあり医師に診察を受けても赤ちゃんのアトピー性皮膚炎だとはなかなか確定してくれない場合もあるようです。

 

この時期は小児科か皮膚科で診てもらうか悩むかもしれませんが、できればアレルギーにくわしい専門医の診察を受けてください。アレルギーであるかどうか血液検査や皮膚検査を受けて確定されます。

 

     ⇒ アトピー性皮膚炎の予防と対策

 

スポンサードリンク