朝食バナナダイエットの効果

朝食バナナダイエットの効果

朝食バナナダイエットは朝食を中心に食事や睡眠、排泄を規則正しく行なうことが基本のダイエット法です。

 

朝バナナダイエットのやり方は、 朝食にバナナを1〜2本と常温の水を飲む、昼と夜は通常の食事でかまわないというものです。

 

朝バナナダイエットは正しい方法でこそ効果も得られるものなので、まずはバナナがなぜダイエットに よいのか驚きの栄養成分についても知っておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

バナナの栄養と効果

バナナに豊富に含まれ便秘を解消してくれる食物繊維は、特にデトックス効果のあるジュースにもバナナが利用されるように身体の毒素と脂肪を吸着して排泄する働きを持つものです。

 

また豊富な糖質分解酵素は全身の代謝を高めてくれて脂肪をメラメラと燃やしてくれるというものです。

 

他にもミネラルカリウムは利尿作用がありむくみを解消するにも役立つのです。

 

朝食バナナダイエットの利点は前日に食べたカロリーの高い食事を、消化の遅い朝バナナを食べることで効率よく負担をかけないで新陳代謝することにあり、利尿作用によって失われた尿や水分の代わりに常温水を飲む必要があるのです。

 

バナナってあまいけど糖分は大丈夫?

 

バナナの甘さはダイエットのストレス軽減になる「満足感」にもなるようです。また糖分はごはんの四割程のものなので心配ありません。

 

面倒な料理もなし、すぐに食べられるという点でもあわただしい朝に即実行できるよ朝食バナナダイエットは食べながら尚絶対痩せたいという人にピッタリなのです。

 

朝食バナナダイエットは朝型の生活が大切です。夜更かししないよう心がけることが必要。

 

昼、夜は通常の食事でかまいませんが、どうしてもお腹がすいたときには一種類のフルーツを 摂ります。

 

夜は寝る4時間前に晩御飯をたべることが大事です。どうしても食べたい!という場合はバナナを1本食べるのもアリです。

 

最初は慣れないものです。無理することはストレスになもなりますものね。朝食バナナダイエットを開始したら毎日決まった時間で体重をはかりましょう。

 

 

バナナの保存

さて、ダイエット効果によってバナナが品不足のことがありますね。せっかく朝食バナナダイエットをしても品切れでは困ってしまいます。種類はどれでもいいのでたくさん買って上手に保存しておき ましょう。

 

ばななは一般的には常温でバナナハンガーにつるしておくと成分の効果がより増すので斑点がでたときが食べごろです。冷蔵庫へ入れておけば4日は保存できます。

 

長期保存方法としては冷凍庫で1本づつ小分けして保存します。これなら1ヶ月は大丈夫ですよ。

 

毎日朝食バナナダイエットではちょっと飽きてきた、という場合には焼きバナナなどにして味をかえる工夫をしてみましょう。朝食バナナダイエットを無理せず続けていきましょう。成功をお祈りしています!

 

 

スポンサードリンク


TOP バナナダイエット