エナメルの手入れ

エナメル革の手入れ方法

エナメル革の手入れ方法は、柔らかい布で汚れを落としエナメル専用のクリームをムラ無く塗って磨くようにします。

 

特に新品のエナメル靴は履くまえにクリームを塗って、ていねいに手入れすることで保湿し乾燥を防いでくれます。

 

スポンサードリンク

 

エナメル革の製品は合成皮革に光沢のあるエナメル加工をされています。これは水に強い性質のため、防水性にすぐれエナメルのバックも靴も、他の革製品に比べると丈夫で傷もつきにくいです。このためエナメル革の手入れ方法は、乾燥を防ぎひび割れを防ぐことを重点に置きます。

 

エナメル製品は、たくさんのブランドも取り扱っているように大変人気があります。最近はカラーにおいてもブラックだけでなく淡い色合いも増え長財布やポーチなど気軽にお洒落に取り入れられるほどとなりました。ところがエナメルの手入れを怠ってしまうため、トラブルが多くなっているのも現状のようです。

 

エナメルは独特な光沢感のため、パーティーなどフォーマルな場所にはぴったりなアイテムといえますが、その光沢を維持するにはエナメルの手入れは欠かせません。

 

エナメル革の欠点

日本の気候には残念ながらあっていないようです。湿気が多いためにベタついてしまったり、淡い色のものは変色してしまったり、革のバックの中がパリパリになってしまった、という経験はお持ちでないでしょうか。

 

エナメルの手入れ方法

革製品のバック
それほどよごれるものではないので、使用後にからぶきするだけで十分ですが、中身を出してゴミやほこりを落としてから詰め物をいれておくと湿気対策と形くずれの防止になります。あまり使用しないバックは中に防カビ剤を入れておくと安心です。

 

パンプスやブーツ
靴に関しては気をつかっってしまいますね。雨に濡らしてそのまま放置しておくと型崩れしたりひび割れてしまうので、まずはタオルなどで水気を取って靴の中には新聞紙を丸めて詰めておき風通しのよいところで乾燥させましょう。

 

乾いたらエナメルの専用クリームをたっぷり塗って保湿をしてあげましょう。 このとき革靴に直接クリームをつけるのではなく布にクリーナーをつけて靴全体をふきます。

 

保管するときにはエナメル革製品は塗料がはがれる原因となる同素材の靴やナイロン袋 と擦れないように気をつけてください。次に使用するときのことを考えながらマメにケアすること、これがエナメルの手入れにおいて最も大切だといえます。

 

                ⇒エナメルバッグの簡単お手入れ

 

スポンサードリンク