革バッグの手入れ

革バッグの手入れ方法

革,バッグ,手入れ,仕方,基本,ケア,スエード,収納,対処

革製品のバッグの手入れ方法は靴と同じです(靴の手入れ方法)。

 

とはいっても靴のように汚れるものではないので 普段のケアの仕方はシンプルでからぶきで充分といえます。

 

バッグの中身を取り出してから手入れをします。

 

内側のほこりを払い落とし、柔らかい布や乾拭き用のクロスを使って全体のほこりを落としてから、マチなどの 細かい部分を丁寧に乾拭きをします。

 

スポンサードリンク
革バッグのつやがなくなってきたり傷がついたときは・・

革バッグを長く愛用していると、つやがなくなってきたと感じるものです。こんなときは革専用のローションをつけて磨きます。靴クリームでもかまいませんが服を汚さないように無色のクリームがおすすめです。

 

また皮製のバッグは擦れたり、ぶつけたりして傷がついてしまうことってありますよね。ちょっとしたキズなら補修用のクリームやペンが役立ちます。早めに対処すればあまり目立たずにすみますよ。


 

バッグの収納

バッグを収納するときは、中に新聞紙を白紙で包んで詰めて形くずれを防ぎます。あまり使用しないバッグは中に防虫剤や防カビ剤をいれておきます。購入したときについている袋などに入れておきます。

 

スエードのバッグの手入れ

スエードは革製品の中では手入れはとてもむずかしいものなので、汚さないように気をつけて使用しましょう。油性のシミがついたときは革製品が得意なクリーニング店に出したほうが無難です。小さな汚れの場合はスエード専用の消しゴムで軽くこすり、専用のブラシでブラッシングします。

 

 

スポンサードリンク