ファンデーションの塗り方

正しいファンデーションの塗り方

ファンデーション,塗り方,正しい,綺麗な,パウダー,リキッド,基本,毛穴,メイク,下地

ファンデーションの塗り方の基本をマスターしましょう。

 

ファンデーションは紫外線や乾燥からも守ってくれます。

 

パウダータイプ、リキッドタイプの正しい塗り方、毛穴やくすみのカバー方法を紹介します。

 

正しいファンデーションの塗り方は、くずれにくい場所は厚く塗り、くずれやすい場所は薄く塗る、ということ。

 

 

スポンサードリンク

 

目元、鼻とその周辺、口元は 薄く塗って、額、ほおは厚めに塗ります。

 

リキッドファンデーションの塗り方もパウダーファンデーションの塗り方の基本は同じです。

 

ファンデーションだけでは厚塗り になってしまうので、シミやくすみが気になる場合はファンデーションの前に下地とコンシーラーを塗り、リキッドタイプは最後はフェイスパウダーで仕上げます。

 

このように、それぞれのアイテムは薄く、重ねていくことでナチュラルメイクが出来上がります。

 

正しいファンデーションの塗り方

下地で肌の色ムラをカバーする
手の平にパール粒大の下地をとり、指の腹に広くとって顔全体にのせていきます。顔の中心から外側へ向けて薄く均一になじませます。

 

ファンデーションはまずは厚く塗ってもよい「ほお」からのばす。
リキッドは指やスポンジにとってほおの内側から外側へのばしていきます。少しずつ下にものばしながらほお全体へとのばします。

 

フェイスラインはぼかす
額は眉の間から上へとのばしていきます。そのあと、何もついていない指かスポンジでフェイスラインや髪の生え際をぼかします。

 

細かい部分は薄くつける
「目や鼻まわり」の細かい部分は、手やスポンジに少量残っているファンデーションで叩き込むように なじませていきます。

 

リキッドファンデーションの後はフェイスパウダーで顔全体を押さえるように重ねていくことできれいに仕上がります。

 

 

ファンデーションで毛穴をカバー

ファンデーションをいくら厚く塗っても毛穴は目立つばかりですね。毛穴が目立つとお悩みなら、リキッドよりもパウダーファンデーションがおすすめです。

 

パウダーファンデーションをスポンジではなく、ブラシにたっぷりつけてほおの中心から外側へ向けて乗せていきます。ブラシだと余分な粉も調節できるし、薄く
つくので毛穴にファンデーションが落ち込んでよれる心配がありません。
            ⇒毛穴を隠すファンデーションの塗り方

 

スポンサードリンク