簡単!チークの入れ方

チークの入れ方の基本

チーク,入れ方,簡単,コツ,ブラシ,頬,入れすぎ

チークをつけないと寂しい印象ですが、チークを入れることで顔立ちにメリハリがつきます。

 

つけるチークの色しだいで顔の印象は変わります。可愛い雰囲気だったり個性的だったり、小顔に見せることも。

 

ファンデーションを塗ったら必ずチークは入れるようにしましょう。

 

チークの入れ方の基本

チークの上でブラシを転がして、粉をたっぷりとつけます。ブラシの毛束全体にチークの粉を均一に含ませるのが、ムラなく肌につけるコツです。
   ↓
鏡の前で笑い、頬の高くなる位置にブラシを置いて外側へ動かします。
耳の付け根まできたら戻る、これを2〜3回繰り返します。

 

ちょうど良い濃さになるまで、少量ずつ重ねていきます。

 

チークの入れすぎで真っ赤になっちゃった!
ティッシュでゴシゴシ擦っては肌がいたんでしまいます。パフをティッシュで包み、チークをティッシュに移すようにそっと当てます。こうすればファンデーションも崩れたりしません。

 

スポンサードリンク