外反母趾の原因と症状

外反母趾の原因と症状

外反母趾とは、足の親指(母趾)が人差し指側に曲がってしまい、親指の付け根の関節が飛び出した状態に変形してしまった足のことです。

 

親指以外の指が曲がってしまう状態もあり、これはハンマー趾と呼ばれます。

 

足先がとがった細いハイヒールなど足に合わない靴を長時間はいている女性に多い病気ですが、足の形も関係しています。

 

外反母趾の原因

母趾が第二趾よりも長い人が外反母趾になりやすいといわれています。しかし足に合わない靴を履き続ける、といったことがなければ、
第二趾が長い人すべてが外反母趾になるわけではありません。

 

ハイヒールを履くと足先に体重がかかり、足の指は狭い幅に押し込まれます。この状態で履き続けると足の指を広げる筋肉の働きが悪くなってしまい徐々に関節が変形してしまいます。

 

外反母趾の症状

変形しても最初は痛みを感じない人もいますが、靴を履いたときにだけ痛みを感じるようになり、やがて靴が履けないほど痛むようになります。

 

母趾のつけ根の痛みだけでなく、第二趾、第三趾のつけ根にも痛みが出るようになります。また足の痛みだけでなく、頭痛、腰痛、膝の痛みの原因となってしまいます。

 

 

対処法

歩行が困難なほど重症になると外科手術が必要になってしまいますので、痛みが悪化する前に早めに対処していくことが大切です。

 

簡単な予防策には素足で歩く、足でしっかりと地面を踏ん張って指でつかむように歩く、足指を閉じたり開いたりする運動をするなどがあります。

 

足を靴に合わせるのではなく、自分の足に合った靴を選ぶことがもっとも重要です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

リンク