ミュール 靴ずれしてつま先が痛い

ミュールを履くと靴ずれしてつま先が痛い

ミュールはサンダルに並んで夏の靴の定番ですね。

 

ミュールとサンダルって呼び方が違うだけって勘違いされてる人もいるみたいですね。

 

ミュールとサンダルの違いはわかりますか?

 

 

ミュールはつま先も、かかと部分も開いているタイプの靴です。かかと部分には靴底に固定するようなベルトはついていません。元々は室内履き用のデザインだったのでローヒールが主流でした。

 

サンダルは靴底にベルトがついているので、ハイヒールタイプのものでも歩くときにかかとの部分はきちんと固定されます。

 

最近ではミュールもハイヒールタイプも多く、デザインもお洒落なものが増えたため、外出用としても人気が高くなってきました。夏に限らず秋・冬用のミュールを好む女性も多くいます。

 

着脱しやすいというメリットもありますし、靴は実際に履かないと選べない、ということもミュールに関していえばそれほど厳密ではないので通販でも多く購入されています。

 

ミュールは足先だけをつっかけて履くものですからヒールが高いデザインのものは、歩いている途中に脱げてしまうこともあります。

 

足に固定されていないので、長く履くと疲れやすくというデメリットもあります。そして多いのは「靴ずれして痛い」というものです。

 

ミュールを履くと靴ずれする

 

かかと部分がないミュールは、歩いているうちに負担がかかるのは靴と摩擦のあるつま先の側面や上部にです。

 

ヒールが高いほど、歩くたびに前に押し出されるためにつま先の足の裏部分にも負担がかかるので痛みを訴える人も多いようです。

 

ミュールを選ぶならハイヒールよりも負担の少ないローヒールのほうがおすすめですね。

 

見栄えの良さからもやっぱりヒールが高いほうが良いなら、靴ずれする箇所には絆創膏を貼るとかの防止策が必要です。靴擦れ専用のグッズも売られているので積極的に活用しましょう。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

リンク