痛くないパンプスの選び方

痛くないパンプスの選び方

パンプスを履いてると痛くなる、そんな声をよく耳にします。

 

あなたはパンプスを履き心地の良さで選んでいますか?

 

それとも好きな形のパンプスばかりを選んで履いているのでしょうか。

 

靴に関してはこだわりがある、という人も多いでしょう。

 

私は新しい靴を履くといつも靴擦れができてしまって慣れるまでは痛い思いをしているんですが、トラブルを起こさず疲れないで履き続けられる靴を探し出すのって難しいですよね。

 

痛くないて歩きやすいパンプスってどうやって選べばいいのでしょうか。

 

ブランドのものとか流行のデザインとか、どうしても気になってしまうのですが、高価な靴でも、足が痛くなってせっかくのデートが楽しめなかったら悲しいですよね。

 

パンプスと一言でいっても、いろいろな形状のものがあります。先の部分が尖ってヒールの高いものもあれば先の丸いヒールの低いタイプのものもあります。

 

ではどのようなパンプスを選べばよいのか、履き心地の良い足に合ったパンプスとはどういったものなのでしょうか。

 

靴を履いたときに、つま先に1センチから2センチほど空間があるものが足にとって良い状態といわれています。

 

靴のデザインによっては、履く人の足の形の違いから、空間ができる人もいればできない人もいるわけです。

 

靴がきついため幅広のサイズを選んでも、その幅がぴったり合っていないと歩くたびに先端に押しやられて親指が曲がった状態になってしまうのです。こうなると外反母趾になる危険が生じてしまいます。

 

パンプスを選ぶ際に知っておきたいことは、自分の足先の形が何型かということです。指の長さや、つま先の形に合わせパンプスを選ぶことが大切なのです。

 

人気ブランドのパンプスだからと言ってデザイン重視で選んでしまうと、足が痛くなるだけではなく最終的に骨まで変形する恐れがあるのです。足のトラブルを防ぐためには自分の足先の形を知っておく必要があるのです。

 

足先の形とパンプスのデザインが合ったものを見つけることができれば一番良いでしょう。

 

私たちの足先の形はエジプト型と、ギリシャ型、スクエア型の三種類に分けることができます。

 

パンプスを選ぶときは、足が痛くならないことを優先して自分の足先に合うデザインにしましょう。足を痛めないということを優先すれば、外反母趾になることも防げるでしょう。

 

 

日本人に多いのが足の親指が最も長い「エジプト型」です。

 

エジプト型の人は親指を頂点にして、小指側にカーブを描くタイプのパンプス、または足の人さし指か中指あたりが頂点になっていて、丸くカーブを描いているタイプのパンプスがぴったりと合うでしょう。

 

人気のブランドの靴にもこの形のパンプスは定番となってるものが多いので選びやすいと思います。

 

「ギリシャ型」は第二趾(人差し指)が一番長いものです。

 

このタイプ人が「エジプト型」に合ったパンプスを履いていると、人差し指がいつも窮屈で指が曲がった状態になってしまいます。

 

ギリシャ型の人は先端が細くなったパンプスを選ぶと人差し指も先に当たらず窮屈にはなりません。

 

「スクエア型」は日本人には少ないのですが、足の指の長さがみな同じ長さでつま先が四角い形になる人です。

 

このタイプの人はつま先が真っ直ぐになっているパンプスが足に合っています。

 

このように自分の足が何型なのかをわかったうえでパンプスを選ぶことが大切です。

 

そしてヒールの高さも歩きやすさからいえば3センチから5センチくらいのものが最適です。

 

 

スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

リンク