肌荒れの原因と対処法

肌荒れの原因と対処法

肌荒れ,対処,原因,食事,乾燥,ストレス,改善,にきび,生理前,妊娠中

肌荒れ対処にはまず肌荒れの原因を知っておきましょう。

 

疲労がたまっていたり便秘をしたり、生理前や妊娠中には肌が乾燥してかさついたり肌が荒れたりしますね。

 

これはストレスやホルモンバランスの影響だといわれています。

 

もともと肌はターンオーバーといって28日周期で表皮細胞は入れ替わります。

 

ところが加齢であったり紫外線による日焼けや睡眠不足などが原因で肌の再生されるサイクルに狂いが生じてきます。

 

肌荒れ対処にはスキンケアも大切な対策ですが、美しい素肌には健康であることが必要です。

 

自分の肌荒れの原因になっているものは何かを知って、改善できるよう心がけていきましょう。

 

スポンサードリンク

肌荒れとストレス

現代はストレス社会ともいわれますが、くつろげないまま大きなストレスを抱えてしまうと自律神経を乱し、乾燥肌や肌荒れ、かゆみ、不眠、便秘などの症状を引き起こすこともあるようです。

 

ストレスと肌荒れは切り離せない関係にあるようです。肌荒れ対処にはストレス解消の方法、と考えると運動、食事、睡眠となりますが、もともとこの3つは美肌には欠かせない要素です。

 

まず睡眠ですが、眠っているときに成長ホルモンが分泌され肌は再生されるそうです。

 

その時間は6時間が最低でも必要とされています。睡眠不足では肌荒れは対処していけない ので夜更かしが習慣化されている人はまずここから考えてみる必要がありそうです。寝不足と肌荒れ

 

ストレスを抱えると不眠気味になったり、運動不足でも、睡眠は浅くなります。

 

運動する事で血行もよくなり肌の新陳代謝がよくなるので毎日の習慣に軽い運動を取り入れることで運動不足の解消、睡眠不足の解消、そして肌荒れの解消へとつながっていきます。

 

運動を毎日継続していくには、翌日に負担が残ってしまうようなハードなものではなくて、ウォーキングやストレッチがおすすめです。

 

もちろん継続できて自分にできそうなものであれば何でもかまいません。ぜひ続けていきましょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

お気に入り