汗荒れの症状と対策 汗疹とどう違う?

汗荒れの症状と対策 汗疹とどう違う?

汗荒れってご存知ですか?

 

たとえば夏、
午前中はなるべく
クーラーは我慢。

 

するとじっとり
汗がにじむ・・・

 

 

首のあたりや脇腹あたりが、なんだかチクチクしたかゆみを感じる。こんな症状。

 

無意識にボリボリ掻いてしまった結果、
血が滲んだり、最悪シミとなって秋を迎える(泣)
こんな経験多いはず。

 

汗疹かなあ、と思っていたら汗による肌荒れで
「汗荒れ」というんだそうです。

 

汗に含まれている塩分が肌の刺激になって、
かゆみとか炎症を引き起こしてしまうらしいです。

 

実際夏に皮膚科とかへ駆け込む患者さんも増加しているそうです。

 

女性の場合は首や額の汗荒れ、
ビジネスマンは時計のバンドの周りやワイシャツの首周りの痒みが多いそうですね。

 

そういえば私もここ何年か、夏は時計とか指輪は痒くて外してる状態。これも汗荒れだったのかも。

 

スポンサードリンク

 

あせもとどう違うのか

 

汗疹(あせも)というのは、皮膚の中の汗腺の中に汗がたまることで起こるのだそうで、汗を大量にかくのが原因。

 

ところが汗荒れの場合は、汗ばむくらいの汗でも痒くなってしまうのです。

 

汗のせいだと気づかないで、そのまま放っておくと悪化させてしまうので注意が必要とか。

 

 

夏とはいえ保湿が大切!
汗荒れというのは、乾燥とかで肌のバリア機能が低下するために起こりやすいのです。

 

そのため、肌に適度な水分や油分を与えてやって、
肌のバリア機能を保つことが大切なんだって。

 

顔は保湿にも気を配るけど、夏はとくに、顔以外は何もしないしていないしなあ。最近は手足の乾燥も気になってたんでもうちょっとケアしなければなりません。

 

肌のケア以外で注意が必要なのが、体の洗いすぎ。

 

どうやら石鹸やボディーソープの使いすぎが、肌のうるおい成分を落としているみたい。

 

この結果、肌は刺激に過敏になって少しの汗でも荒れやすくなってしまうそうです。

 

汗や体臭が気になって、夏は念入りに?石鹸たっぷり、ゴシゴシやっちゃうけど、

 

汗荒れかも?と気になる人はすでに肌が弱ってる状態なので、
しばらくは石鹸は控えたほうが良いのかもしれないですね。

 

そういえば、以前タモリさんも体は石鹸で洗わない、なんて言ってましたっけ(笑)

 

汗荒れのことを言ってたわけではないけど、もうちょっとシンプルに生きるのもいいかもしれません。

 

このほか汗荒れ対策としては、普段は汗をかいたら小まめに、柔らかいハンカチなどで押さえるように拭くこと。

 

そして市販の汗拭きシートは、刺激になることもあるので肌が弱ってるときは控えたほうがいいそうです。

 

外出時の必須グッズではありますが、肌が弱い人は過度に使うのは避けたほうが無難ですね。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

お気に入り