麻疹(はしか)の症状と予防

はしか(麻疹)の症状

はしか,麻疹,症状,大人,子供,予防,予防接種,発疹,感染,発熱,期間

はしかは麻疹ウイルスの感染が原因で起こります。

 

流行時期は毎年冬の終わりから春にかけて。乳児期後半から幼児期の子供に多い感染症です。

 

はしかの症状はウイルス感染後10日〜12日の潜伏期間を経て38℃前後の熱、くしゃみ、鼻水、結膜の充血などかぜによく似ています。

 

発症後3日後ころ口の中の頬の裏側の部分に白い粟粒大のおできのようなもの(コプリック斑)ができてきます。発熱後3日ほどで熱はいったん下りますが、再び39℃以上の高熱となり同時に発疹が出てきます。

 

特徴的なはしかの症状である「発疹」は赤い小さいもので耳のうしろ、顔、体、手足とすぐに広がっていきます。発疹が全身に広がった頃に(3、4日後)熱は下っていき回復へと向かいます。

 

熱が下ると発疹は色素沈着(褐色のしみ)のような状態になりますが、これは徐々に薄くなっていき消えていくものですから心配はいりません。

 

はしかの症状は発症から10日〜2週間程で治ります。一週間以上の発熱が続くようであれば肺炎の可能性もあるのでそれに応じた治療を行なっていきます。ほかにも 中耳炎、まれに脳炎といった合併症を併発することがあります。

 

スポンサードリンク

はしかの予防

はしかの予防法はワクチンの予防接種に優るものはありません。決められた年齢で期間内であれば公費負担で定期接種が受けられます。一歳を過ぎたらできるだけ早い時期にぜひ予防接種を受けてほしいものです。

 

はしかは飛沫感染、空気感染によるもので、感染力は非常に強いものです。同じ時期に流行するインフルエンザのようにマスクやうがいでは予防の効果はほとんどありません。特に発病の2日前から発疹が出始めてから5日後までが周囲への感染力の強い時期です。

 

大人のはしか

はしかは子供に多い病気ですが最近は高校生や大学生など大人のはしかが集団感染し、 休講や学校閉鎖騒ぎで世間を震え上がらせました。

 

一度かかると二度とかからないと考えられていましたしたが、過去に予防注射を受けていても発症した例は多く、このため一度のワクチンの持続は10年程度と考えて、受験や就職を控えた人は特に二度目の追加接種を受けるほうがいいでしょう。

 

また妊娠中に感染するのを防ぐためにも 、結婚前や赤ちゃんを望まれているなら免疫があるかどうか抗体検査で調べることができます。この検査は保険適用外なので料金は各医療機関へ問い合わせてください。

 

はしかには治療法はなく高熱などのつらい症状をやわらげる対症療法が主な治療となります。大人になってからのはしかは重症化する危険性もあるので、自分だけでなく周囲を守るためにも予防接種を受けておきたいものです。

 

スポンサードリンク