初節句のマナー

初節句のマナーについて

初節句,マナー,赤ちゃん,縁起物,お祝い金,相場,金額,お返し,五月人形,ひな人形

初節句のマナーやしきたりについて説明します。

 

初節句とは赤ちゃんが誕生して迎える初めての節句のことをいいます。

 

女の子の初節句は3月3日のひな祭りで「桃の節句」といい、男の子の初節句は5月5日を「端午(たんご)の節句」といいます。

 

桃の節句、端午の節句は毎年祝う行事ですが、生まれて初めての節句は特別なものです。子供の成長を祈願し、節句人形を飾ってお祝いをしましょう。

 

地方によってはお客様を招き初節句を盛大にお祝いをするところもありますが、初節句の仕方はこうしなければいけない、というものはありません。

 

一般的には家族や親戚が集まって食事をしたり贈り物をしたりと、それぞれのアイデアで行なわれているようです。盛大にできなくても、初節句は赤ちゃんの厄除けと健やかな成長を願うものですから、赤ちゃんのお宮参りなどの行事と同様に大切にしたい日本の風習ともいえます。

 

初節句は赤ちゃんが誕生してすぐの節句、といっても生まれてすぐであっては母子ともに負担もあるので、実際には男女それぞれの節句の一ヶ月以内に誕生した場合には(女の子の2月生まれ、男の子の4月生まれ)翌年の節句にお祝いをすることが多いようです。
                        ⇒ 2月生まれの初節句

 

初節句には人形を飾りますが御飾りは少し早め(20日前くらい)に飾り、節句が終わればすぐに片付けるのがマナーです。
                        ⇒ 雛人形の飾りつけの時期

 

スポンサードリンク

初節句のお祝い

初節句の祝いとして、女の子にはひな人形、男の子にはこいのぼりや鎧兜、五月人形を母方の実家から贈られるのが昔からのしきたりですが、最近ではあまりこだわってはいないようです。厄除けの意味がありますので、縁起物の破魔矢と弓、羽子板なども喜ばれるでしょう。長男、長女に人形を用意した場合、次男、次女にも同じように贈ってあげますが長男、長女よりも豪華にならないようにします。

 

皆で囲む食事も縁起のよい食べ物を用意するなどの心遣いも初節句のマナーといえます。赤ちゃんに着せる衣装は男の子であれば武将を意味する 陣羽織を用意される家庭もあるでしょうが、華美でなくても新品の外出着を用意してあげるといいのでは。

 

初節句の祝い金を贈るときの金額の相場は親戚からは3〜5万円。知人からは5千円〜1万円。祝儀袋は紅白の水引は蝶結び、のし付きのものを。表書きは「初節句御祝い」とします。

 

またお祝いの贈り物は親しい間柄であるなら希望を聞いてからのほうが重複しないのでいいと思います。ベビー服やおもちゃなども喜ばれますよ。

初節句のお返し

初節句のお返しは、祝いの席に招待した場合にはしなくてもよいといわれていますが、招待してない方からの祝いや高額なものをいただいた場合には初節句のお返しをするのがマナーです。

 

表書きは「内祝い」として赤ちゃんの名前を書きます。内祝いのお返しは一般的には干菓子、かつお節が選ばれるようですが、可愛いイメージのタオルセットなども多いようです。

 

スポンサードリンク


初節句のマナー