頻尿対策

女性の頻尿対策

頻尿対策について調べてみました。頻尿など尿異常に悩む女性が多いそうです。

 

寒い季節になると「おしっこが近い」ということが多くなるものですが、女性の場合であると 更年期など加齢に従ってその傾向が強くなるようですね。

 

頻尿の原因はもともと女性は男性に比べると筋肉力が弱いということと加齢のため膀胱や尿道の粘膜が薄くなっていくために尿の回数が多くなっていくためです。

 

スポンサードリンク

 

また妊娠中にも頻尿の症状が出ることがあるのは、胎児に膀胱が圧迫されるためで、便秘や生理中のときにも症状を訴える人もみられます。

 

子宮と膀胱の位置関係が原因であり多少の頻尿や尿漏れはあまり心配する必要はないともいえますが外出するのもおっくうになってのは問題がありますので頻尿対策は必須となってきます。

 

頻尿は一日に10回以上の排尿回数となります(正常は5〜7回)。夜中に何度もトイレにいくのであれば健康にも問題がでてきますので、深刻であれば頻尿対策には 少量のホルモン剤による治療法も有効なようですので医師に診察してもらうことをおすすめします。

 

 

頻尿・尿意切迫・尿失禁は自分で治せる

 

頻尿の方はくしゃみをしたときに多少の尿漏れ、尿失禁も同時に経験するようで、一番の悩みはこちらに あるかもしれません。

 

また頻尿の原因として女性の場合は雑菌が尿道から入りやすいこともあって膀胱炎に罹っていることも考えられます。

 

膀胱炎の症状は残尿感がる、血尿、尿に濁りがある、排尿のあと痛みがある、尿が近いが出ない、などがあります。

 

膀胱炎の場合は抗生物質の服用など早めの対策、治療で治りますので 悪化させて腎盂炎などにならないよう尿異常を感じたら受診するようにしましょう。

 

普段からもおしっこを我慢しない、なるべく水分をとるようにして排尿を心がけます。

 

女性の頻尿や尿漏れは冷えからくることも多いようです。この場合の頻尿対策には漢方薬が有効のようです。

 

テレビのCMでもハルンケアはよく聞かれますが他にも通販ではたくさんの漢方薬が販売されていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

また男性の頻尿の原因は前立腺肥大が考えられます。これも加齢に伴って多くみられる症状ですが治療法には投薬や重症のばあいは手術となります。

 

尿が出ない、残尿感がある 場合は早めの泌尿器科の医師の受診をおすすめします。

 

神経性の頻尿対策

頻尿の原因にはストレスなど精神性のものも考えられます。

 

子どもさんの場合に、からかわれたりするので学校でトイレに行きたくない、他のトイレが不潔だから、と我慢してしまいがちです。

 

結果的に恐怖感から排尿困難、排尿異常から頻尿となってしまうものです。このような頻尿対策にはストレス解消、また効果的な服用薬もありますので、内科の医師に相談させるといいでしょう。

 

 

スポンサードリンク

TOP 頻尿対策