膀胱炎の原因、症状、対処法

膀胱炎の原因

膀胱炎とは大腸菌などの細菌が尿道から膀胱に入り込んだことが原因で膀胱の粘膜に炎症を起こしたものです。

 

男性よりも女性のほうが膀胱炎になりやすい原因は、女性の尿道は男性に比べてずっと短いため、尿道をさかのぼって細菌に感染しやすいためです。

 

膀胱炎には急性膀胱炎と慢性膀胱炎があり、女性がかかりやすいのは細菌感染で急性に炎症を起こす急性膀胱炎です。

 

スポンサードリンク

 

雑菌が入ったからといって必ず膀胱炎になるものではありません。元気なときは免疫力で排除できますが、過労やストレスなどで体力が低下していると雑菌の量がすくなくても膀胱内で繁殖し粘膜に炎症を起こしていまいます。

 

膀胱炎の症状と対処法

膀胱炎の症状には代表的なものには頻尿があります。

 

尿が30分〜1時間おきになり、尿がたまると痛みを感じ、また排尿時に鋭い痛みが出たり、残尿感があります。

 

また尿が濁ったり、血尿になることもあります。急性膀胱炎では高熱ではなく微熱が出ることがあります。

 

慢性では似た症状もでるが軽く自覚症状が出ない場合もあります。発熱や腰痛がある場合には腎盂腎炎を併発していることも考えられます。

 

膀胱炎になったらまず水分をどんどん補給して排尿を促すようにします。アルコールや香辛料などの刺激のあるものは避けましょう。そして冷えないようにすることも大切です。

 

しっかりと休養することで自然治癒することも多いのですが、慢性化する場合もあるので早めに受診しましょう。

 

何科へ行けばいいか悩まれるようですか内科か泌尿器科で診察を受けます。治療には抗菌薬を用いります。

 

膀胱炎は繰り返しやすいので症状が消えても完治するまではかってに治療はやめないことが大切です。

 

女性は排尿を我慢ることが多く、トイレに行く回数が少なくなりがちです。それが原因のように思われがちですが、実際は誤解です。

 

膀胱に尿が溜まっていないうちから排尿する癖がつくと頻尿の原因になってしまいます。ある程度は我慢し強い尿意を感じてからトイレに行くことで、膀胱をよりよい状態に保つことができます。

 

 

スポンサードリンク

TOP 頻尿対策