尿もれの原因と対策

尿もれの原因となる病気

排尿するつもりはないのに、せきやくしゃみをしたとき、重いものをもったときなど、お腹に力が入ったときに思わず尿がもれてしまうことを 尿失禁といいます。

 

尿失禁にはいくつかのタイプがあって、その中でも女性に多いとされるのが腹圧性尿失禁です。

 

スポンサードリンク

 

腹圧性尿失禁の原因は 女性は男性に比べて尿をとどめておく尿道括約筋が弱いために、出産などで骨盤低筋が弱くなりやすく尿失禁をおこしやすいよいうことです。 出産経験の多い女性や年配者によくみられます。

 

少量であればあまり心配はありませんし、尿漏れシーツやパッドなどを利用してる人も少なくないようです。 漏れる量がが多くて気になるときは泌尿器科で受診しましょう。

 

そのほか尿漏れの原因に前立腺肥大症があります。これは排尿後も尿の切れが悪く残尿感があるもので疑われる場合は泌尿器科で診てもらいましょう。

 

神経質な人は驚いたときや緊張したとき、興奮したときに尿漏れを起こすことがあるそうです。気になる場合には泌尿器科か神経内科で受診しましょう。

 

尿意を感じてもトイレまで間に合わないで尿をもらしてしまう場合では、膀胱炎や尿路結石症などで排尿筋が過敏になっている疑いがあります。心配であれば早めに泌尿器科を受診しましょう。

 

尿失禁の治療法

人にはなかなか相談しにくい尿失禁。一人で悩むうちに症状が悪化してしまう場合もあります。外出時には予備の下着や失禁パッド、生理用ナプキンを用意しておくと安心です。

 

軽症であれば、肛門括約筋や膣を収縮させる体操をすれば改善していきます。なかなか改善できないときは、交感神経刺激剤や副交感遮断剤といった薬物療法があります。

 

 

スポンサードリンク

TOP 頻尿対策