捻挫したときの処置

捻挫したときの処置

捻挫,処置,足首,捻挫とは,内出血,症状,応急処置,腫れ,痛み,固定

捻挫とは

 

関節に無理な力がかかって、靭帯が傷ついたり切れたりするのが捻挫です。捻挫を起こしやすいのは足首、手首、指、膝などです。

 

捻挫は動かさないで安静にしておくと、通常数日から1週間で治りますが、きちんと治療をしないと完治まで時間がかかってしまうことがあります。

 

捻挫の症状は腫れと痛み、ときには皮下出血もみられます。靭帯が部分的にも切断された場合には関節が不安定になって捻挫しやすくなります。

 

捻挫の程度と痛みは、必ずしも一致しないので、軽く考えないで完治するまでは運動やマッサージは控えるようにします。

 

スポンサードリンク
捻挫の応急処置

安静にして冷湿布する!
(1)捻挫は周辺が内出血して腫れて熱をもってきます。捻挫したら動かさないですぐに冷水で冷やします。

 

(2)スポンジなどを厚く当てて包帯で固定し、包帯のまま冷水につけて冷やします。20〜30分は続けて冷やす。

 

(3)濡れた包帯を取り、ガーゼを厚く当てて包帯を広めに巻き、座布団の上にのせて高くします。捻挫した部分は高くあげると痛みが軽くなります。

 

(4)包帯の上から氷のうなどで冷やします。腫れが引くまで2〜3日は冷湿布する。

 

腫れや痛みがひどいときは、整形外科で診察を受けます。

 

絶対にしてはいけないこと!
(1)腫れが引くまでは入浴はさけます。

 

(2)完治するまでは入浴時は捻挫した箇所は温めない、また運動やマッサージは控えること。

 

スポンサードリンク


膝に水がたまるのはなぜ?