膝の痛みにプラセンタ治療

膝の痛みにプラセンタ治療

膝,膝痛,プラセンタ,治療,関節痛,改善,痛み,腫れ,注射,サプリメント

 

膝の痛み、腰痛、肩こりなどの関節痛の改善にプラセンタを用いた治療法が注目されています。

 

膝の痛みに対して一般的には痛み止めの内服やブロック注射、温熱療法が行われていますが、改善させないケースや長期化するケースが少なくないようです。

 

 

そんな中、通常の治療で改善されない難治の膝痛にプラセンタ療法を行う病医院が増えています。

 

プラセンタとは人間やブタの胎盤から抽出されたエキスのことをいいます。プラセンタにはアミノ酸やビタミン、ミネラルなど胎児の発育に必要な成分が豊富に含まれています。

 

どうして膝の痛みに効くのか詳しくわかっていませんが、薬理的には、痛みを和らげる作用・抗炎症作用・血行促進作用・組織修復作用があると考えられています。

 

プラセンタの治療法は初期は週に1〜2回、その後1〜2週間に1回注射(皮下または筋肉)をします。注射を行うと膝にたまった水が引き、痛みや腫れが改善していくそうです。副作用はほとんどないそうなので安心して治療が受けれそうですね。

 

プラセンタ注射は原則として自費となります。医療機関によって異なりますが、注射一回2,000〜3,000円です。

 

スポンサードリンク


膝に水がたまるのはなぜ?