膝に水がたまる症状

膝に水がたまったときの症状

膝に水がたまると、膝が重いように感じたり、鈍い痛みを感じるようになります。

 

膝に水がたまる主な原因には変形性膝関節症が挙げられますが、症状は何年もかけて徐々に進行していきます。

 

症状の進行の過程

(1)最初は膝が重く感じられたり、膝の関節のこわばりなどの、ちょっとした違和感が感じられます。正座したときや階段の上り下りするときに痛みが起こることがあっても安静にしていればすぐに痛みはおさまります。

 

(2)歩行時など、膝になんらかの負担をかけると必ず痛みが起こるようになります。

 

(3)膝に水がたまる症状(関節水症)が出てきます。

 

(4)変形性膝関節症の進行期になると、普通に歩くだけでも痛むようになり、安静にしていても痛みがおさまらないため、日常生活に支障が出るようになります。

 

(5)関節が変形していきます。

 

変形性膝関節症の進行期や末期では、少量の水がなかなか引かないという慢性の関節水症が見られる場合があります。このときは膝の鈍い痛みや膝の後ろがひきつるような感じがみられます。

 

腫れや痛みはすべての過程で見られますが、痛みの強さは人によって様々なようです。痛みのために膝をあまり動かさないでいると、痛みはずっと減っていきます。とはいっても膝を動かさないでいると日常生活にも支障をきたしていくので、適切な膝の治療を受けて普段の生活をどう行うかが大切となっていきます。

 

スポンサードリンク

膝に水がたまるのはなぜ?