膝に水がたまったときの治療

「水を抜く」膝に水が溜まる治療とは?

膝に水がたまったときの治療とは?

 

膝に水がたまったら、腫れや痛みがあるだけでなく、溜まっている水が滑膜を刺激し、さらに水がたまってきます。結果、痛み腫れ、や熱感などの炎症症状を悪化させるという悪循環が起こってしまいます。解消方法として、炎症を抑えるために膝に溜まった水を注射器で抜く、という治療が必要になってきます。

 

スポンサードリンク

 

膝の水を抜く治療法を関節穿刺(カンセツセンシ)といいます。

 

膝の水を抜くってよく聞くんだけど、、こんな疑問も・・・

 

膝の水を抜くと癖になる?何回もたまるの?

膝に溜まった水を抜いてもまた腫れる、水が溜まるということがあります。これは、一度水抜きをしたからといっても関節炎が治るには時間がかかるために、すぐに水がたまってしまうことがあるからです。
関節液がたまる原因が改善されないために膝の水が繰り返し溜まるのであって、水を抜いたせいで溜まる、癖になったせいで溜まるということではありません。

 

水を抜けば治るの?

関節液を抜いても原因が解消できないと再び関節液は溜まってしまいます。また膝に注射針を刺したことで、不快感や関節内に細菌が侵入する危険もあります。このため水を抜くという治療は関節水症による炎症がひどいときにだけ行われています。

 

その他主だった治療としては消炎鎮痛剤(痛み止め)で炎症を抑える、リハビリで関節を安定させる、関節内注射(ヒアルロン酸)、また重症の場合は手術することもあります。

 

 

スポンサードリンク

膝に水がたまるのはなぜ?