赤ちゃんの風邪 症状と対策

赤ちゃんの風邪 症状と対策

風邪,赤ちゃん,症状,対策,治療,家庭,ケア,咳,鼻水

風邪の一般的な症状は発熱、くしゃみ、咳、頭痛などがあります。

 

乳幼児など赤ちゃんの風邪の場合は嘔吐や下痢をともないやすい特徴があります。また食欲不振や不機嫌も起こります。

 

風邪の季節に人からウイルスに感染した場合は、鼻水、鼻づまり、発熱が主な症状です。

 

赤ちゃんはウイルスに感染すると、1〜3日後に鼻水、鼻づまり、咳、微熱などの症状があらわれてきます。

 

このときに病院で診察してもらうと、のどが赤く腫れていることもあります。

 

多くの風邪のピークは2〜3日ですが、その間は、熱が高くなる、呼吸や脈拍が速くなる、鼻が詰まってミルクが飲みづらくなる、ゼロゼロといった咳をする、などの症状がみられます。

 

ピークを過ぎると自然に症状は軽くなっていき一週間ほどで完治します。

 

赤ちゃんの風邪対策 治療と家庭のケア

 

赤ちゃんが風邪を引いたとき、熱が高くなければいつ病院へ連れて行こうか迷いますよね。

 

熱が高くなくても、咳が出る、鼻水が出るなど、風邪の症状が強く出ているときや、1歳未満であるときはかぜの症状があればすぐに受診しましょう。

 

病院では症状に合わせて解熱剤や咳止めの薬、鼻水を止める薬が処方されます。

 

家庭では風邪のケアとしては保温と安静が大切です。

 

室温は20度くらいに暖めますが、湿度も必要となってきます。冬場はとくに乾燥しがちですが、空気が乾燥すると鼻の粘膜が刺激させるので、くしゃみが出たり咳が出やすくなります。

 

安静のさせ方は症状に応じていきます。軽症で元気なら無理に寝かせる必要はありません。

 

入浴は熱の高いときは中止しますが、軽い咳程度では入浴したほうが新陳代謝が上がり治癒力も高まります。

 

赤ちゃんの鼻ずまりはオイルをつけた綿棒で掃除したり吸い出したりします。食欲がない場合は無理に与える必要はありませんが水分は十分に与えます。

 

食事もおかゆやスープ、ゼリーなど水っぽくて口あたりのよく飲み込みやすいものを。幼児なら消化のよい柔らかいもの、離乳期なら1ランク前の離乳食を、乳児ならミルクよりも果汁を与えてみます。

 

 

スポンサードリンク


TOP 風邪の引き始め