かぜ症候群とインフルエンザ

かぜ症候群とインフルエンザ

かぜ症候群,インフルエンザ,ウイルス,原因,症状,感染,予防

かぜ症候群

 

風邪は鼻腔、扁桃、咽頭、喉頭などの上気道の粘膜に、細菌やウイルスの感染などによって急性炎症が起こる病気の総称で、正式にはかぜ症候群または普通感冒といいます。

 

かぜ症候群の原因はほとんどがウイルスの感染によるもので、手についた病原体が鼻や口から侵入し、感染すると発症します。

 

季節によって流行するウイルスは異なり、春と秋はライノウイルス、冬はインフルエンザウイルスが流行します。

 

症状は発熱やのどの痛み、咳、痰、頭痛のほか、関節痛や倦怠感、嘔吐などの症状をともなうこともあります。

 

通常は一週間ほどで自然に治りますが、インフルエンザウイルスによる感染の場合は寒気や、発熱、筋肉痛、頭痛などの全身症状が強くあらわれるのでかぜ症候群とは区別されます。

 

スポンサードリンク

 

 

インフルエンザの原因と症状

 

インフルエンザはかぜ症候群の一つですが、インフルエンザは流行性が強いので「流行性感冒」と呼ばれます。インフルエンザに感染している咳やくしゃみを吸い込むことで感染します。

 

症状は39度以上の高熱が突然出て、悪寒や関節痛、頭痛、だるさなどの全身症状をともなうのが特徴です。熱や痛みは2〜3日続き、その後は風邪の症状が出ますが軽減しながら一週間ほどで回復します。

 

 

かぜ症候群とインフルエンザの相違点

  かぜ症候群 インフルエンザ
原因 ライノウイルスなど インフルエンザウイルス
感染経路 菌やウイルスに触れて感染(接触感染) くしゃみや咳を介して感染(飛沫感染)
症状 微熱、鼻水、のどの痛み,咳,頭痛など 高熱,悪寒,関節痛,頭痛など
予防法 手を洗う、うがいする、マスクを着用 ワクチン接種

 

スポンサードリンク


TOP 風邪の引き始め