咳が止まらない、熱はない 咳喘息の症状と対策

咳が止まらない、長引く咳

風邪 引き始め,寒気,風邪気味,対処,対策,特効薬,風邪薬,初期症状,治療法

咳が止まらないというのは、うっとうしいものであり、咳が長引くと心配になってきます。

 

咳は気道に侵入したう物を排出するための防御反応の一つで、体を外敵から守るための仕組みでもあるのです。

 

ただし咳が続く場合(3週間から1ヶ月以上)は病的な原因があると考えられます。

 

咳が出る病気には肺炎、肺結核、肺がん、気管支喘息などの病気のほかにアレルギーによるものや薬による副作用、またはストレスによるものなど多岐にわたった原因が考えられます。

 

多くでは風邪の症状のあと咳が長引くものもあります。

 

(かぜ症候群後遷延性咳嗽)これは風邪をきっかけに、喉にある咳反射の部分が刺激を受けて、小さな刺激に対しても咳が誘発されるものです。

 

この場合は咳止め薬や抗アレルギー薬、吸入ステロイド薬などが効果的です。

 

咳喘息の症状

 

痰のない乾いた咳が3〜8週間以上も続きます。気管支喘息特有のヒューヒュー、ゼーゼーといった喘鳴はありませんが、咳喘息は喘息の前段階ともいわれ、放置して咳喘息が長引くと気管支喘息に移行することがあります。

 

咳以外の症状はありませんが、夜間から明け方に出ることが多いようです。気温の変化、タバコの煙などの刺激によって誘発されます。アレルギー体質の人や女性に比較的多くみられます。

 

咳喘息そのものは深刻な病気ではありませんが気管支喘息への進行を防ぐために治療が大切です。風邪薬や咳止めは効果はなく、気管支拡張薬、抗アレルギー薬、吸入ステロイドが有効です。

 

家庭では対策として咳の誘引を避けることが大切です。冷たい風、気温差に注意します。アルコール、タバコは控えましょう、他人のタバコの煙にも注意が必要です。

 

室内のホコリなどアレルギーの原因になるものはこまめに掃除して取り除きましょう。室内が乾燥すると咳がひどくなるので加湿器などを利用して湿度を保つことも必要です。

 

 

スポンサードリンク


TOP 風邪の引き始め