風邪のときの頭痛の原因

風邪の頭痛の原因って何でしょうか?

風邪,頭痛,原因,発熱,頭痛い,冷やす,こめかみ,寒気

頭痛を伴う主な病気の一つに風邪があります。

 

熱もおさまって風邪も良くなったかな、というときでも頭が痛くて辛い思いをすることが多々あります。

 

特にこめかみあたりがズキズキして・・。
こうなれば生活にも支障がでてくるし、薬も手放せなくなってしまいます。

 

 

そもそも風邪をひくとどうして頭痛が起こってしまうのでしょうか。

 

風邪はウイルスや細菌の感染が原因で起こりますが、ウイルスなどが体に入ってくると、体は対抗しようと熱を出してウイルスを退治してくれます。

 

この発熱のときに、体内の血液の循環が早くなるために、頭の血管が膨張されて血管の周辺にある神経が刺激されて頭痛が起こります。

 

また、風邪を引いた時の頭痛は、ストレスが原因でもあるようです。

 

熱が出たり、食欲がなくなったり、明日の仕事はどうしようか、とか体だけでなく精神的にもダメージが生じてしまいますよね。

 

このストレスによって自律神経に影響を及ぼして、筋肉の緊張を引き起こしてしまうのです。風邪を引くと体の筋肉が痛くなったりしませんか?肩こりのときにも頭痛がする場合もありますよね。

 

これは筋肉の緊張によって筋肉や血管の収縮が起こって、血液の循環が悪くなったために酸素が全身へ循環させるのが不足した状態になったためです。

 

脳への酸素も不足したために脳内の血管が膨張し、周辺の神経を刺激するせいで頭痛が起きているんですね。

 

 

つまり、風邪の頭痛の原因は、ウイルスを退治しようと頑張ってる「発熱」と、ストレスによって自律神経が乱れ筋肉が緊張したせいで酸素の循環が悪くなってしまったものだと考えられます。

 

風邪で頭が痛いときは、温める?冷やす?

 

寒気がしていてまだ熱が高くなっていないときは、冷やさないで体をしっかりと温めるのが正解です。

 

熱が高くなって発汗を始めたときに体を冷やしましょう。

 

冷やさないで温めていると脳内の血管が膨張して頭痛がさらにひどくなってしまいますよ。

 

 

スポンサードリンク


TOP 風邪の引き始め