手作り化粧水の作り方

手作り化粧水の作り方

手作り化粧水の作り方はとても簡単です。

 

口コミで広がったともいえる手作り化粧水。世の中にはブランドもの、高級化粧品が数多く出回っているのに、今なぜ手作り化粧水なのでしょうか。

 

社会に出る女性達が増えたこともあり、メイクやスキンケアにも関心が高くなってると思われますが、熱心になればなるほど顔が黒ずみ、しみが増えてしまったという悩みを持つ女性も多いのではないでしょうか。

 

これは化粧品が石油からできているための油焼けが原因ともいわれてますよね。

 

もともと敏感肌やアトピーの方は、市販のものでは肌への刺激が強すぎて化粧水が合わないということが多いために、無添加で作れる手作り化粧水への意識が高くなってきました。

 

お金もかからない、簡単にできる、そして美肌効果もある、まさにナチュラル志向やオーガニック志向がブームな中、手作り化粧水を試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

手作り化粧水の作り方

手作り化粧水の作り方ですが、用意するものはグリセリン、尿素、空き容器です。グリセリンと尿素は保湿効果が高いので乾燥肌にはおすすめの化粧水ですね。雑誌「ゆほびか」で美肌水として紹介されていた手作り化粧水のレシピは以下の通りです。

 

尿素   ・・ 50g
水道水  ・・ 200ml
グリセリン ・・ こさじ1杯(約5cc)
空き容器 ・・ 2個(化粧水原液をいれる容器と薄めて使用するときの容器)

 

材料の尿素と水道水を空き容器に入れてよく振り、溶けたらグリセリンを加えてよく振って完成。
これが化粧水の原液で、顔の化粧水用としてさらに10倍水道水で薄めて使用します。
水道水に含まれる塩素が防腐剤の代わりになりますが薄めた化粧水の保存期間は冷蔵庫で一ヶ月です。

 

 

保湿効果の高い美肌水(手作り化粧水)の材料であるグリセリンは、アトピーや皮膚疾患のときに皮膚科などの医療機関でも乾燥を防ぐ塗り薬として使用されます

 

もともとこの美肌水はアトピー性皮膚炎や手荒れ、足荒れの対策として発表されたものはありますが、口コミでは肌荒れ以外にも美白や毛穴・たるみなどアンチエイジング効果あり、との声も寄せられているようですから、手作り化粧水は今後もますます広がっていくのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク