化粧水の選び方

化粧水はノン・アルコールのものを選ぼう

化粧水,選び方,ノン・アルコール,エタノール,蒸発,保湿,ビタミンC誘導体

化粧水は水分補給に欠かせません。化粧水はノン・アルコールのものを選びましょう。

 

市販の化粧水を使用したとき、スーとした清涼感がありますよね。これはエタノール(エチルアルコール)が入っているせいです。

 

夏にはとくに気持ちよいので、日焼け肌にエタノールを含んだ化粧水を使用されることが多いかもしれません。

 

このスーとした感覚は、肌の水分が蒸発するために起こる感覚です。エタノールが蒸発するとき肌の水分を奪い取ってしまうので、これでは肌を乾燥させてしまうことになってしまいます。

 

これでは水分補給という本来の目的がなされないことになります。肌の乾燥は肌荒れやシミ、シワの原因になりますので、日焼けあとでも水分補給のために、市販の化粧水はアルコールの入っていないものを選ぶようにしたいものです。

 

スポンサードリンク

ビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぼう

肌にいろいろつけたくないから、化粧水だけつける、という人もいるのでは?

 

化粧水だけでは肌は乾燥してしまいます。肌の水分を維持するためには保湿成分をしっかりと与えて肌の保湿力を高めることが大切です。

 

最近はビタミン誘導体を含んだ化粧水が多く出ています。ビタミンC誘導体はクリームよりも水に配合したほうが安定性もよいので、化粧水に配合して使うのは正しい使い方でしょう。

 

化粧水を選ぶときはビタミンC誘導体や水溶性の美肌成分(アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなど)を含んでおり、ほかのものはいろいろ含んでいない、シンプルなものを選ぶようにしましょう。

 

スポンサードリンク