化粧水と乳液の使い方とその違い

化粧水と乳液の違い 正しい使い方と順番

化粧水,乳液,使い方,違い,順番,正しい,役割,効果

肌の基本的なケアとして、化粧水や乳液はとても重要なものです。

 

ある程度の年齢にさしかかると肌も変わってきます。もともと強い肌だった人でも敏感な肌になってしまうこともありますし、乾燥しやすい肌になってしまい、肌荒れが起こりやすくなってしまう人もいます。

 

どのような対策をすればきれいな肌を保っていくことができるのかというと、やはり基本的な肌のケアが大切になってきます。

 

化粧水と乳液の違い

化粧水とは皮膚の保湿などを目的とした化粧品で、皮膚を整え滑らかにする機能をもった液状の化粧品のことをいい、ローション・トナー・トニックなどとよばれることもあります。

 

次に乳液は適度な油分を含んでおり、皮膚からの水分の発散を防いでくれる役割などをもっています。

 

それぞれの違いとは、一般的に化粧水は失われてしまった角質等の水分を補給する目的で使用されるのに対し、乳液は水分の発散を防ぎ肌のみずみずしさや潤いを保つ目的で使用されます。

 

使い方と順番

それぞれの使用方法についてですが、正しい効果を得るためには、それぞれの使用方法と効果を理解し正しい順番で使用しなければなりません。

 

正しい順番とは、まずは化粧水によって肌の水分を補給し、その後に乳液によって水分の発散を防ぐという手順が正しい順番になります。

 

化粧水はたくさん肌に浸透させていくことも大事です。たくさん浸透させていくことで、乳液によって肌の保湿をしっかりとすることができ、肌の老化を防いだり、肌荒れになりにくくさせることができます。

 

乳液を先におこなってしまうなどの間違った手順をしてしまった場合、化粧水での水分の補給が乳液に含まれる油分によって阻害されてしまうなど、本来の効果が得にくくなってしまう場合があります。

 

上記の理由から、一般的なスキンケアとしては化粧水の後に乳液を使用するのが正しいスキンケア方法とされています。

 

例外として先行乳液といわれる化粧水などよりも先に使用することで、肌を柔らかくし水分が入りやすい状態にする乳液なども販売されています。

 

 

スポンサードリンク