お食い初めのしきたり

百日のお食い初めのしきたりとは

食い初め,しきたり,膳,料理,レシピ,食事,百日,儀式,やり方,食器

百日の食い初めのしきたりでは赤ちゃんにはじめての食事を祝い膳で祝います。

 

食い初めとは生後100日、または120日頃におこなう祝いで、母乳やミルク以外のものを初めて食べさせる儀式です。

 

生後百日なので「百日(ももか)の祝い」としてお宮参りと兼ねる地域もあります。

 

食い初めは赤ちゃんが歯が生え始める頃まで無事に育ってくれたことを祝い、今後食べ物に一生不自由しないようにとの願いをこめたもので、お箸ぞめともいわれます。

 

一般的には100日目にはこだわらず家族の都合や赤ちゃんの体調に合わせて行なわれるようです。また百日には白の産着から晴れ着に着替え始める「色直し」の祝いをも兼ねているので、新しい色のついた服を着せて祝ってあげましょう。

 

スポンサードリンク

食い初めの食事

食い初めの食事は地方によって違うようですが、赤飯、尾頭つきの鯛、吸い物、漬物、紅白のお餅などの食事を用意します。お膳の上にこれらの料理をのせ、歯が丈夫になるようにと小石を添えるのがしきたりです。

 

実際には献立は、真心込めた手作りのもので十分ですし、おかゆや野菜ペーストなどの離乳食で作ってもいいのではないでしょうか。 また親戚などを招いてお祝いする場合などは仕出しの料理を頼む場合も多いようです。
                   ⇒ お食い初めの献立

食い初めの儀式のやり方

食い初めの儀式のやり方は、祝い膳を用意して、親族の中で一番の年長者が養い親として赤ちゃんをひざに抱いて食べさせるまねをします。

 

これは長寿にあやかるためで、男の子の赤ちゃんは男性が、女の子は女性の養い親が行いますが、遠方の親戚にわざわざお願いしなくても赤ちゃんの祖父母が行なえばいいでしょう。

 

                    ⇒ お食い初めのやり方

食い初めの食器

食い初めに使われる祝い膳の食器は漆器や素焼きのもので、しきたりとしては母方の実家が贈るものでした。一般では日常に使われている食器や離乳食用の食器で代用すればあとあとに便利です。

 

漆器までは揃えないが、食い初め用の食器を購入した場合は、赤飯は飯碗に、汁物はマグカップに、焼物は六寸皿に、煮物は小鉢、漬物は小皿を揃いの柄で用意してあげればと立派な お喰い初めセットとなりますね。
                    ⇒ お食い初めの食器セット

食い初めの御祝儀

食い初めのお祝いの相場は5000円から1万円。祝儀袋は紅白の水引、表書きは「御祝い」。友人から贈る場合は現金よりもベビー服やおもちゃ、ベビーフードなど一般的のようです。

 

また食い初めのときはお返しは不要とされていますが、身内以外からお祝いをいただいた場合には、赤ちゃんの名前で「内祝」をすることもあります。
                   ⇒ お食い初めの祝い 祝儀の相場は?お返しは?

 

 

スポンサードリンク


TOPお食い初めのしきたり