靴カビを取りたい!

靴のカビ取り

カビ,靴,除去,防ぐ,方法,カビ取り,手入れ,防止,湿気,下駄箱

靴にカビができてしまったら捨てるしかないのでしょうか?

 

なんとか復活させるために靴のカビ取り方法、革靴のお手入れ方法を説明します。

 

靴カビってどうしてできるのでしょうか?

 

雨の日に履いた靴をそのまま靴箱にしまったら、それはアウトです。カビの胞子はどこにだって漂っているものです。

 

温度、湿度、酸素、栄養がそろえばカビはあっという間に広がっていくものなのです。濡れてしまった靴を湿気のある下駄箱の入れたままにしておくとその靴だけでなくて他の靴まで汚染してしまいます。

 

靴カビができたら、すぐに除去して、今後は防止するよう正しくお手入れしたいものです。

 

スポンサードリンク

靴カビ知らずの手入れ法

靴カビができないようにしたいもの。革靴は新品のときから靴クリームを使ってケアすれば傷みにくカビや汚れ防止につながります。

 

履いたあとも早めに靴クリーナーでお手入れを。クリーナーで汚れを落とし、クリームで磨けば長く愛用できます。

 

靴カビを除去

靴カビを見つけたら思わず洗いたくなりませんか。でもこれはダメです。水で濡らすということはカビの発生条件の湿気をさらにプラスしてしまいかねません。

 

小さなカビならブラシでこすると落ちますがカビの胞子を飛ばしてしまうので、マスクをする、外でするよう気をつけましょう。丁寧な靴磨きで外側は大丈夫ですが中敷だけは交換しておきましょう。

 

本格的な革靴のカビ落としは、きれいなガーゼた布に市販の革靴用カビ取りスプレーをしみ込ませて靴のカビを取り除きます。しばらくして別のガーゼにカビ取りスプレーをしみ込ませて今度は靴全体を拭きます。

 

その後は3日〜1週間、日干しをして殺菌します。このとき忘れがちですが表側だけでなく靴を裏返しして底もしっかり乾燥させてあげましょう。

 

靴のカビに!カビ取り&クリーナー【70mlタイプ】

 

靴カビを防ぐ

靴がカビるのを防ぐには、湿気を寄せ付けないこと。雨や雪の日に履いた靴はすぐに下駄箱に入れないで、十分に乾いてから収納します。これは通常に履いたときにでも、 革靴の内側の湿気は取り除くようにします。

 

箱などに収納する場合には、風通しのよいところで乾燥させておき白紙で包みます。白紙は湿気を取ってくれるので時々交換 してあげましょう。

 

また同じ靴を数日続けて履かないようにしたり、靴に汚れがついたらすぐに取り除きます。下駄箱は毎日扉を開けて換気するようにしましょう。 市販の靴用の除菌・消臭スプレーもカビ対策に効果的ですので、積極的に取り入れましょう。

 

                  ⇒ 靴の手入れ方法

 

スポンサードリンク