足の臭いを消す方法

足の臭いを消す方法

足の臭いは誰でも気になるものです。

 

足の臭いと体質は関係していて、においの強い人は足が汗かきの場合が多いようです。

 

足にかいた汗は時間の経過によって雑菌と混ざり合って繁殖します。これが足の臭いのもととなるのです。

 

自分の足は汗かき?
・冬でも乾燥しない、かかとがひび割れない
・手はいつも湿っている
・革靴がじめじめしてる、汗ジミができる

 

当てはまる人は足の臭いが強いかも。

 

足の臭いを防ぐにはよく洗うことが大切です。

 

お湯に浸からずシャワーだけの人は足を洗うことがおろそかになりがちです。お風呂に入ったときは腰掛に座って足の間をしっかりと洗いましょう。

 

また、汗をかいたときは靴下を履き替えるだけで足の臭いを抑えることができます。

 

靴下は綿素材を選びましょう。足の指の間が蒸れない5本指の靴下がおすすめです。

 

靴は通気性のよいものを選びましょう。そして毎日同じ靴を履かないで何足かの靴で履き分けるようにします。

 

履いた靴は新聞紙を入れて湿気を取ります。新聞紙は湿気だけでなく臭いも取ってくれます。

 

女性の場合、圧倒的に臭うのはタイツとブーツの組み合わせです。靴の中で指が動かせない状態で一日中履いていると蒸れて臭いが強くなってしまいます。

 

長時間靴を履かなければならないときはブーツは避けるべきでしょう。

 

消臭スプレーは一時的には有効です。ほとんどの消臭剤殺菌成分に制汗剤を配合されたものですが効果はあまり長続きしません。パウダー入りのものは靴を履いているうちに汗でダマができて雑菌が繁殖しやすくなります。

 

足の臭いを消すためには足をきれいに洗い清潔を保つことが大切です。爪も短くして、靴下選び、靴選びや日ごろの靴の手入れで臭いはかなり防ぐことができるでしょう。

 

 

スポンサードリンク