ブーツを長持ちさせる手入れ方法とは

ブーツを長持ちさせる手入れ方法

ブーツ,長持ち,手入れ,方法,湿気,クリーナー,仕方,保管

秋、冬はおしゃれなブーツが活躍してくれる季節ですが、ブーツを長持ちさせる手入れ方法を知っていますか?

 

お気に入りのブーツは長く履きたいですよね。普段からのお手入れや保管の仕方でブーツの痛みを防ぐことができます。

 

またブーツは普通の靴よりも湿気がこもりやすいので、長時間しまう前の方にも十分なケアが必要です。     
           →ブーツの保管方法

 

新しいブーツをおろしたら防水スプレーをかけます。革に保護膜ができるので水から守ってくれて、汚れも寄せつけないし、ついても落としやすなります。

 

スプレーは乾いてからでなくては効果はないので、完全に乾いてから履くようにしましょう。

 

履いたその日は、ブーツの中には湿気がたまっているので、すぐに下駄箱には入れないで一晩は玄関に置いておきます。

 

もし突然の雨で濡れてしまったら、靴底を浮かせて十分に乾かしてからクリーナーとクリームで手入れをしておきます。ブーツの底の部分にも湿気を含んだ土がついていないようにチェックしてくださいね。

 

同じブーツは、長持ちさせるためには1日履いたら、数日、休ませるようにしましょう。天気の良い日は下駄箱は開けて換気したり、筒丈の長いブーツは風通しのよい場所で陰干しをしてあげましょう。

 

本革のブーツは履くたびにケアするのが基本ですが、なかなか面倒でもありますよね。そんなときでも数日に一度は丁寧に手入れをしてあげましょう。クリーナーで汚れを落として油分を含んだクリームで栄養を補給し、乾拭きしてつや出しします。

 

汚れを落とさないでクリームを塗ると革がひび割れる原因になるので注意が必要です。

 

スポンサードリンク