ブーツの保管方法

ブーツの保管方法

ブーツは秋冬には欠かせないアイテムですが、お気に入りのブーツは来季だってきれいな状態で履きたいですよね。 
        ⇒ブーツを長持ちさせる手入れ方法

 

普段のお手入れも大切ですがここでは来季のためのブーツの保管方法を紹介します。

 

ブーツの汚れは素材に合ったクリーナーで落とす

ひと冬使用したブーツは、革やスエードなどの素材に合ったクリームやスプレーで汚れを落とします。防カビ剤が入っているクリームなら長時間保管するには安心ですね。

 

ブーツの内側は湿気がこもりやすいのでカビも好む場所です。カビ対処として、綺麗な布で丁寧に拭いたあとは2〜3日は陰干ししておきましょう。

 

ブーツの保管はブーツキーパーを使う

ブーツの型崩れを防ぐために、箱に入れて保管する場合も、立てて下駄箱に保管する場合もブーツキーパーを使用しましょう。

 

キーパーがないときは新聞紙などをつめておいても良いでしょう。新聞紙は水分も吸収してくれるので湿気対策にもなります。

 

キーパーは布素材やビニール素材などいろいろな種類がありますが、形を崩さないという点ではどの素材もあまり変わりはありません。

 

ただ内側にぴったり入れるのでプラスチック素材は長時間使用するとブーツの素材にくっついてしまって内側がはげてしまう心配があります。この場合無地の薄い紙をキーパーに巻いておけば密着を防ぐことができます。

ロングブーツ用シューキーパー【pedag】ペダック ブーツキーパー(ドイツ製)【楽ギフ_包装選択】SS10P03mar13靴 シューズ【RCP】

【ポイント10倍・PCでのエントリーで19倍】炭草花 ブーツキーパー ロング(消臭/脱臭/調湿/ブーツホルダー/ブーツ/収納)【楽ギフ_包装選択】

ブーツキーパークリップ ( ブーツスタンド ブーツホルダー 靴 収納 シューキーパー )

 

箱に保管するときは湿気対策を

箱に入れて保管するときはときは乾燥剤を入れて布で包んで湿気対策することが大切です。しまう場所も下駄場所の下は湿気がたまりやすいのでなるべく避けてください。

 

下駄箱にしまっているブーツはたまに外に出して、陰干しましょう。

 

 

スポンサードリンク