中敷きの手入れ方法

靴の中敷きの手入れ方法

中敷,手入れ,方法,対策,皮脂,やり方,革,合成皮革

 

靴の手入れはしっかりとできてるけど、中敷って意外とほったらかしって多いようです。

 

夏のサンダルの場合は、中敷きに指の跡がくっきりついてしまいますよね。

 

中敷きの汚れは、汗や皮脂が混ざったものなので時間が経過するとキレイに落とすのは難しいのです。

 

 

汚れはなるべく早く落とすように心がけましょう。外側を手入れするときに必ず中敷きもいっしょにしてください。

 

スポンサードリンク
中敷の素材を確認する

中敷きの素材は革と合成皮革の2種類があります。それぞれ手入れのやり方が違うので、まず手入れの前にどちらの素材を使っているか確認してくださいね。

 

確認の仕方は、中敷きをちょっとめくってみます。革の場合は裏がケバ立ってざらっとしています。合成皮革だと光沢があってつるっとしています。確認ができたらお手入れを始めましょう。

 

中敷きを水拭きする

革と合成皮革の中敷はどちらもまずは、水を含ませて堅く絞った布でなで拭きをして、これで汚れが落ちていたら後は乾拭きをして終了です。

 

水で拭いても落ちない汚れは中敷きの素材別に手入れします。

 

革の中敷の手入れ

革の中敷きは皮革用のクリーナーを布につけて拭きます。
次に仕上げ拭きをして、最後にから拭きをします。

 

合成皮革の中敷きの手入れ

合成皮革の中敷きは台所用の中性洗剤を薄めて使います。
革と同じように最初は薄めた中性洗剤を布につけて拭き、次に仕上げ拭き、最後にから拭きをします。

 

スポンサードリンク