スニーカーの汚れを落とす方法

スニーカーの汚れを落とす方法

スニーカー,汚れ,落とす,方法,仕方,手入れ,重曹,洗剤,消しゴム

 

白いスニーカーは爽やかだけど、スニーカーって汚れやすいですよね。

 

布製のスニーカーは手入れしやすいけどレザー・スエードなどは専用グッズが必要です。

 

スニーカーの素材別に汚れの落とし方を説明します。

 

スポンサードリンク

布製のスニーカーの手入れ方法

@泥汚れは雑巾で落としてからバケツなどに水を入れて浸します。白以外の靴紐は別に洗います。

A洗濯用洗剤を靴用ブラシにつけて洗います。縫い目はていねいに。内側も忘れずにブラッシングします。

B全体がきれいになったら、流水ですすいでタオルで水気を拭き取ります。

Cシューキーパーで形を整えて、風通しのよい日陰で乾かします。


◎重曹でカビ防止
水1リットルに対して、重曹大さじ4杯を溶かした、重曹水で1晩浸け置きしたあとスニーカーを洗えば、カビ防止ができます。

スエード素材のスニーカーの手入れ方法

スエードなどの起毛の素材の靴は専用の柔らかいブラシで毛並みにそってブラッシングして泥や砂を落とします。

 

部分的なシミは専用の消しゴムで軽くこすれば簡単に落とせます。全体に汚れが目立ってきたら、スエード専用のシャンプーで洗うことができますが、そこまで汚さないように日頃からブラッシングでケアをしておきましょう。

 

汚れを落とさないでクリームを塗ると革がひび割れる原因になるので注意が必要です。

レザー素材のスニーカーの手入れ方法

履くまえに必ず専用の防水スプレーをして水分・ほこり・泥を予防しておきます。

 

人工革は白い布で水ぶきするだけで簡単に汚れが落ちます。レザー素材のスニーカーは柔らかい布に専用のクリーナーやクリームを使用して汚れを落とします。汚れが落ちたら和らい布で充分乾拭きしたあと防水スプレーをかけます。

 

スポンサードリンク