靴の手入れ方法

革靴の手入れ方法

靴,手入れ,方法,スエード,レザー,カビ,簡単 ,用品,グッズ,ブラシ

革靴は手入れ次第で寿命が長くなります。

 

特に新品のうちに履く前に靴クリームをつけてていねいに磨いておきましょう。

 

靴を購入したときに、色に合わせた靴クリームを購入しておきたいものです。茶色やグレーの靴などは色合いが微妙に違うので靴に合わせたクリームを選ぶ事が大切なのです。

 

クリームで磨いたら後は防水スプレーをかけておくと履いた後の手入れもとても楽になります。

 

スポンサードリンク

革靴を履いた後のお手入れ方法

靴を履いたあとは、細かい汚れやほこりが付着しているので靴専用のクリーナーで汚れを落とします。靴専用のクリーナーは汚れを除去して革をしなやかに保つ効果があります。

 

柔らかい布にクリーナーをつけて 靴全体をふいて汚れを落としたあと、靴クリームを靴全体にむらなく塗り、豚毛のブラシでブラッシングしてクリームを靴にしっとりとなじませます。

 

柔らかい布で十分に乾拭きをして、防水スプレーをかけます。

 

雨に濡れた後の手入れ

雨にぬれたまま放置すると形がくずれてしまいます。手遅れにならないように、帰宅したらその日のうちに手入れをしておきましょう。

 

靴を脱いだらすぐに新聞を丸めて靴に詰めたら、次に乾いた布で靴の水気を拭き、靴を新聞の上において風通しのよい場所へ。
完全に乾いたら、クリーナー、クリームの順でケアします。

 

スニーカーの手入れ

スニーカーケアシャンプー

布やビニールのスニーカーは手軽に水洗いできますが、革のスニーカーは専用のシャンプーを使ってお手入れをしましょう。
     ⇒スニーカーの汚れを落とす方法

 

スエードの靴の手入れ

スエードやベロアなどの起毛された素材では専用のグッズを用意しておきましょう。
    

     ⇒スエード靴の手入れ方法

 

スポンサードリンク