爪の異常で病気がわかる!

爪の色や形からわかる病気

爪の異常とは色や形の変化のことです。これらはまだ気づいてない病気をキャッチすることができるので健康のバロメーターといえそうです。

 

たとえば爪の色から血行の良し悪しがわかり爪が反っていたり溝があることで病気の有無が推察できます。

 

爪の色の異常

まず爪の色の異常ですが、昔から爪の半月(白い部分)が十分に出ていれば健康と言われてますが、これは正しくないようです。 ただし半月の色に異常がある場合は病気の可能性がでてきます。

 

青くなっている場合は先天性の心臓病、 褐色だと肝臓病による色素沈着が考えられます。 爪全体が同時に白く濁れば肝臓病、爪ではなく爪の下の皮膚に白い線ができれば腎臓病が疑われます。

 

このように爪の変色は内臓疾患の可能性があるので注意が必要です。

 

爪にできる縦縞

爪の異常かと不安に思いがちなのが爪にできる縦縞です。 また爪の中にできる白い点もよく見かけますがこれらは病気とは無縁です。

 

 

爪の形

爪の形に異常が見られた場合にも健康と大きく関係します。

 

「さじ状爪」(さじ型爪甲)はスプーン状に反り返ったもので、原因の一つに鉄欠乏性貧血が考えられます。 爪への血液の配給が悪くなったために起こる異常なので、原因疾患である貧血の 治療をすることで治ります。

 

他にも心臓病や肺気腫などの症状の一つとして現れる「時計ガラス爪」というものがあります。指先が大きく爪の甲が肥大してきたら肺がんが見つかることもあるようです。これらの症状も疾患を治療することで治ります。

 

スポンサードリンク