爪白癬(爪水虫)の症状と治療法

爪白癬(爪水虫)の症状

爪白癬とは爪水虫のことで、水虫が起こす白癬菌(カビの一種)が爪に感染したことが原因で生じます。

 

爪白癬は感染症なので、他人にも感染させることがあります。爪白癬は手に比べて足の足の爪のほうが感染しやすく、痒みよりも痛みが強く感じます。

 

水虫を放置しておいた足の爪によくみられるもので、初期症状は菌が繁殖することによって爪が黄色から白っぽく濁ることが多いようです。

 

しだいに爪に縦の線が入り、爪に厚みを増してきます。放置しておくと薄くはがれてしまったり、先端が崩れてギザギザの形になります。細菌感染を起こして腫れあがってくることもあります。

 

爪白癬の治療法

爪白癬は水虫から爪に感染したもので、水虫よりも完治するのに時間もかかります。水虫にかかってしまったら悪化させないように適切に治療をしていきましょう。

 

爪白癬は自然治癒することは難しいでしょう。爪、特に足の爪は固くて分厚いので、爪の下に潜む白癬菌は塗り薬だけでは完治することも難しく、抗真菌薬の内服薬で治療を行っていく必要があります。

 

足の爪では3ヶ月以上かかることがあります。手の爪だと1ヶ月半ほどの期間がかかるようです。爪白癬は再発しやすいので、根気よく治療してください。完治といえるのは、健康な爪が生えてからですよ。

 

スポンサードリンク