顔の脱毛方法

 

顔の脱毛方法には、脱毛クリーム、脱毛パック、脱毛テープ、毛抜き、カミソリなどさまざまな種類があります。

 

どのやり方も自宅で簡単にできる脱毛法ですが、顔は他のパーツに比べて皮膚が薄いためデリケートです。肌トラブルの原因になることもあるので、メリット、デメリットを理解して選ぶようにしましょう。

 

脱毛クリームで脱毛

脱毛クリームはクリーム状の液で表面の毛を溶かして処理するものです。塗ってからしばらくしてクリームを洗い流すだけ、痛みを感じることもなく、短時間で脱毛ができます。

 

仕上がりも自然で、毛を一旦溶かす方法なのですぐに生えてきてしまいますが、便利で安上がりに脱毛処理ができることで人気です。

 

ただし脱毛クリームは腕や脚の脱毛方法としては最適ですが、顔には刺激が強すぎる方法といえそうです。

 

最近は顔用の脱毛クリームも多く見かけますが、刺激が強いというリスクはあります。特に肌の調子の悪い時は避けたほうがよいでしょう。

 

 

脱毛パックで脱毛

顔の脱毛パック(フェイスパック)は粘着成分のある液体を肌にムラなく塗って、乾いたらそのパックを剥がします。

 

剥がすパックは産毛やむだ毛もとともに黒ずんだ角質やお肌の汚れも取り除く方法です。汚れも除去するため顔のトーンが明るくなる、化粧ムラができない、という意見が多いです。

 

デメリットですが、剥がすときに痛みがある、パックの塗りむらなどで思うように脱毛できない場合もあります。

 

 

その他の脱毛法

脱毛テープや毛抜き、カミソリで行う顔脱毛は、処理したい部位のむだ毛を手軽に処理できる方法です。肌への負担も高いので、処理する前後の肌ケアをきちんとする必要があります。

 

最近は、手軽にできる顔脱毛アイテムがたくさん販売されていてどれも人気があるようです。顔の産毛や、もみあげあたりの細かいムダ毛ってすごく気になります。

 

ただし肌はとてもデリケートです。毛穴の炎症や、しみの原因になる場合もあるので自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク


TOP ムダ毛の処理