顔そりの正しいやり方

カミソリを使った顔そりの正しいやり方

カミソリを使った顔そりの正しい剃り方をマスターしましょう。

 

メイクしているときに産毛が気になることがあります。

 

口の周りや頬やアゴにふわふわと産毛があると、なんだか子どもっぽい印象を与えてしまいます。中には鼻の下の産毛が濃くてうっすらと黒ずんで見える人もいますね。

 

剃ってもいつの間にか生えてきてくるので、他人と顔が近づいたときは目立っていないかヒヤッとするものです。

 

女性にとって顔のムダ毛は気になるもの。脱毛を希望する部位でも顔を挙げる女性は少なくありません。

 

顔そりの効果、メリットは肌に透明感が出てワントーン明るくなること。メイクのノリも良くなります。

 

鼻の下だと気軽に出来るけど、顔そりとなると方法がよくわからないとし難しそうと思えますが、やり方さえ知っておけば意外と簡単なのでぜひ試してみてください。

 

スポンサードリンク

 

用意するもの
乳液
T字形カミソリ、I字形カミソリ

 

洗顔で肌を清潔に
顔そりはカミソリを使います。剃ったときに細かい傷をつけて細菌が入ってしまうこともあるので、万一を考えて洗顔して肌を清潔に整えましょう。洗顔後は化粧水をつけて、乳液かクリームを顔全体にたっぷりとなじませます。カミソリの滑りをよくして肌への刺激を防ぎます。専用のシェービング剤でなくても大丈夫。

 

顔そりの正しいやり方

 

頬〜フェイスラインの剃り方
頬を顔そりするときは、こみかみに手をあてて肌を斜め上に軽く引っ張りながら剃るのがポイントです。T字形カミソリを使い、頬骨から口角に向かってなで下ろすようにカミソリを動かします。あご下を剃るときは首を反らし肌をなるべく平らにしてT字形カミソリで上から下へ滑らせるように剃ります。

 

口のまわりの剃り方
T字形カミソリを使います。ポイントは剃るときは唇に内側に巻き込んで皮膚を伸ばして平らにすること。そのままで鼻の下を上から下へと剃り、顎も同様にして上から下へ剃ります。

 

額〜こみかみの剃り方
額を上に引き上げてT字形カミソリを上から下に動かして額の中央部から剃ります。眉上はI字形カミソリを使い、髪の生え際から眉上1cmまで剃ります。最後に残りの眉まで剃ります。ギリギリまでは剃らないよう注意して。

 

眉間〜鼻
眉間はI字形カミソリを縦に構えて眉頭の手前まで剃り、鼻筋は横に構えて上から下へ剃ります。小鼻は鼻先を片側に引っ張って平らにし外側から内側に向かって剃ります。

 

 

スポンサードリンク


TOP ムダ毛の処理