毛抜きによるムダ毛処理の影響

毛抜きによるムダ毛処理の影響

ムダ毛処理に「毛を抜く」というやり方があります。

 

面倒なムダ毛を処理するにはカミソリで剃ったり、中にはサロンに通う人もいたりと、様々な方法があります。

 

毛抜きによる処理はいつでも手軽にできるので多くの人が実践しているようです。

 

毛を抜くと濃くなると言われていましたが、実際は抜くほどに薄くなり生えにくくなるようです。

 

毛抜きでムダ毛処理をするためには処理する前後に正しいケアが必要です。

 

毛抜きなど自己処理によるムダ毛処理で肌にダメージを与えてしまうためにいろいろなトラブルが発生しています。

 

肌荒れや炎症を起こしてしまうことも少なくありません。
肌トラブルで厄介なのは埋没毛ですが、埋没毛を引き起こしやすい自己処理法でもっとも多いのがピンセットを使った毛抜き処理だそうです。

 

埋没毛(埋もれ毛)とは、除毛などを行ったときに何らかの不具合によって、皮膚の表面に生えてくる毛が皮膚の内側にもぐりこんでしまった毛のことです。

 

黒くボツボツしていてよく目立つため、強引に引き抜いた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

毛抜き処理の影響は肌荒れや埋没毛になる可能性が高いというものですが、そのほかにも毛嚢炎を起こす危険もあります。抜いた毛穴に黄色ブドウ球菌などが感染し、にきびのようなできものができて赤く腫れ膿をもつこともあります。

 

毛嚢炎は皮膚を清潔にすれば改善することもありますが、毛抜きを行ったあとの皮膚は敏感になっているので早めに皮膚科医に診てもらうほうがよいでしょう。

 

手軽にできる毛抜き処理ではありますが様々なデメリットがあることは忘れないように。

 

 

スポンサードリンク


TOP ムダ毛の処理