自宅でワックス脱毛 使い方と注意点

ワックス脱毛の使い方と注意点

 

ワックス脱毛とは脱毛専用のワックスを使った脱毛方法です。

 

エステでも行われていますが自宅でも簡単に行うことができます。

 

温められたワックスを使って毛を抜く方法なので、毛抜きや除毛テープを使うよりは肌への負担は少ないようです。

 

ワックス脱毛の使い方

温めた脱毛専用ワックス(ロウ)を脱毛したい皮膚に塗って伸ばし、時間をおいて冷えて固まったら毛といっしょにワックスをはがす。(5mm〜1cm程度の毛の長さが必要)

 

 

ワックス脱毛のメリット

ワックスは密着性が高いため蒸しタオルで温めるよりも毛穴の奥まで柔らかくなるため肌への負担が少ない。パラフィンパックと同じ保温効果があるため終わったあとの肌がしっとりする。

 

細かい毛も取れて処理後2〜3週間はスベスベ肌でいられる。処理するごとに毛根が弱るため、毛が細くなっていくが個人差も大きい。

 

 

脱毛ワックスの注意点

抜く処理なのには変わりないため痛みを伴います。また肌トラブルになる場合もあります。

 

体質や体調によってはニキビのような炎症を起こし炎症性色素沈着を起こすこともあります。ワックスは広範囲を脱毛することも多いためにシミになるときは被害も大きくなることがあります。

 

肌質の弱い方はかぶれなども出ることがあります。行うときは、除毛する前、処理後の注意が必要となります。

 

スポンサードリンク


TOP ムダ毛の処理