のし表書き

熨斗(のし)とは?

のし表書き,書き方,マナー,冠婚葬祭,結婚,引出物,出産祝い,名前,熨斗,贈り物

「のし」とはどんな意味があるのでしょうか。

 

熨斗「のし」は贈答品の上につけるのし紙や祝儀袋の右肩についている「折のし」のことです。

 

印刷されているのし紙の右側に派手な柄がありますよね、のしに表書きするとき、 これってなんだろうと、気になったことありませんか?

 

黄色い帯が包まれた絵柄ですよね、それはのし鮑を表現しているのですよ。

 

私達が「のし」というと、のし紙のことをさしますが、 本来はのしあわびの略で、昔は贈り物をするときに一緒に酒やもともとは海の生もの、その後のし鮑や昆布など海産物を添えていました。いまではそのなごりとして「折りのし」をつけるようになったのです。

 

のしは生ものを指すため果物や魚介類を贈るときや、弔事や災害見舞いのときにもつけないようです。 のしと水引がもともと印刷されているのし紙で包むのは略式で、正式なものは、奉書紙でかけ紙をして水引を結び、表書きを書きます。

 

スポンサードリンク

のし表書きの書き方とマナー

のし表書きの書き方にはいろいろとマナーがあります。

 

結婚の場合は「結婚祝い」「寿」と祝儀袋の真ん中に書きますが、そのほかの、引出物、出産、七五三、入園入学、卒業、就職、そして開店、開業、栄転、新築などのお祝いには 「お祝い」と書くのが一般的です。

 

もちろん具体的に「御祝御出産」「新築御祝」と表書きされてもかまいません。そのほうが喜ばれるかもしれませんね。 また病気を全快したりお宮参りなど祝いごとの当人から贈り物や、そのお返しには「内祝い」と書きます。

 

表書きを書くときは楷書ではっきり書きます。このときにはできれば毛筆のほうが好ましいのですが筆ペンでもかまいません。サインペンはあまり好ましくないと思います。いざという時のためにも時々練習しておきたいものです。

 

書き方は、上段中央の真ん中に、「御祝」など書き入れ、下段中央に少し小さめに書きます。見本などあれば参考にしてください。フルネームで書くのが正式です。慶事には喜びを表すため墨を濃くして書きます。

 

連名で書くときには、目上の人が上席である右側になるように書きます。3名以上になる場合には代表者名を書き、その左横に「外一同」と書きます。別紙や中包みに贈り主全員の氏名を書くようにします。

 

肩書きは名前の右横に。お金を入れる中包みには表中央に金額を、裏に住所と氏名を書きます。

 

のし表書きを正確に書けたら、水引を結ぶのが正式ですが、この水引きにもマナーがあるので注意しましょう。水引の結び方には結び切りと蝶結びがあります。結びきりにはほどけないよう、2度と繰り返さない、という意味で、結婚や快気祝い、弔事に使われます。蝶結びは何度繰り返しても良い、喜び事、お祝い事に使われています。

 

 

スポンサードリンク