水引のマナー

水引の意味

水引,意味,結び方,種類,慶事,飾り,色

祝儀袋や不祝儀袋、贈り物のかけ紙には水引がついています。

 

水引とは和紙を細かく切ってこよりを作り糊を引いて乾かして固めた飾り紐です。

 

お祝いの贈り物には奉書紙で包んで水引を結ぶのが正式な方法です。

 

品物をしっかりと結びとめるためのこよりが変化したもので、普通は5本一まとめになっているものが使われています。

 

水引は、結び方や色、本数などによって使い分けます。
慶事の水引の本数は奇数、弔事は偶数に結ぶのがしきたりですが、結婚祝い用は喜びを二重にと10本が使われます。

 

ただし9本は「苦」の意味があるため使用されません。一般の慶事には紅白や金銀の色の水引を用いります。

 

スポンサードリンク

水引の結び方

水引を結ぶときは右側が濃い色、左側は薄い色です。市販されている祝儀袋にお金を入れたあと、水引を左右間違えないように戻してください。

 

水引の結び方は大きく分けると「結び切り」と「蝶結び」の2種類があります。

 

水引,意味,結び方,種類,慶事,飾り,色

「結び切り」はほどけないように結ばれた固結びで“同じことを二度繰り返さない”という願いが込められており結婚祝、快気祝、弔事に使用されます。

 

結び切りの変形で「あわび結び」「輪結び」があります。結婚祝い用の祝儀袋には松竹梅や鶴亀、宝船などおめでたい柄のモチーフがデザインされた飾り水引があります。これら豪華に飾ってあるものは高額の場合に使われます。

 

「蝶結び」は何度でも結び直しができることから、繰り返してもいい出産、長寿など結婚祝い以外の祝い事全般に使用します。

 

 

※贈り物をのしと水引が印刷された熨斗紙で包むのは略式です。
この場合、贈り物は熨斗紙を掛けたうえから包装紙で包みます。

 

 

スポンサードリンク