表書きの名前の書き方 連名の場合

表書きの名前の書き方 連名の場合

祝儀袋や不祝儀袋の表書きに書く贈り主の名前の書き方には、いくつかのパターンがあります。

 

水引より下には贈り主の氏名を毛筆や筆ペンで濃くはっきりと楷書で書きます。

 

(不祝儀袋には薄墨を使って書きます。薄墨用の筆ペンを用いても良いですし、筆ペンの先を水で薄めて書く事もできます。)

 

贈り主が一人の場合では中央に名前を書きますが、連名の場合は、書き方に決まりがあります。

 

夫婦連名の書き方

夫婦連盟で名前を書くときは、中央に夫の名前をフルネームで書き、妻の名前は夫の左側に書きます。

 

3人の連名の書き方

連名で名前を書く場合は基本的に3名までです。右には上位の人の氏名を書き、順に左に書いていきます。

 

ただし、あて名を入れる場合には(上部左側に入れる)、上位の人をあて名に近い方に書きます。

 

4人以上の連名書き方

4人以上の連名の場合は、代表者の氏名を中央に書き、左側にやや小さく「外一同」と書きます。

 

別紙を用意し、全員の氏名を書いて中包みに入れます。書く順番は、右に上位の人を書き、順に左に書いていきます。

 

友人同士で年齢や役職に差がない場合は、50音順などにしてもかまいません。

 

 

表書きに贈り主の名前を書き方は、このほかにも肩書きを入れる場合やあて名を入れる場合があります。

 

社名など肩書きを入れる場合は、氏名の右側に小さく書きます。社名は(株)などと略さないで正式名称にします。

 

 

スポンサードリンク