プレパレーションの手順 ジェルネイルの下処理のやり方とコツ

ジェルネイル プレパレーションの手順

ジェルネイルのはじめにプレパレーションという下処理を行います。
甘皮の処理や密着力を高めるためのサンディングなどですが、ここをきちんとしておかないとジェルが剥がれやすくなってしまうので、手を抜かずに丁寧に行いましょう。ジェルネイルの下処理のやり方とコツを説明します。

 

スポンサードリンク

プレパレーションの手順

1、手と指を消毒する

手指が汚れていると、ネイルが剥がれやすくなります。コットンにエタノールを含ませて、爪の周りを中心にきれいに消毒します。

 

甘皮を押し上げる


甘皮がキューティクルについていると、仕上がりの見た目も悪く、ネイルも剥がれやすくなってしまいます。メタルプッシャーを濡らして甘皮に当て、優しく押し上げてやります。このときのメタルプッシャーの角度は、爪に対して45度です。またメタルプッシャーの逆側を使って軽くこすります。

 

3、自爪の長さを整える

エメリーボード(爪やすり)で爪の長さを調節します。爪の先端にエメリーボードを当て、一定方向に動かして好みの長さに整えましょう。両サイドは爪の角にエメリーボードを斜めに当てて削りながら丸みをつけます。左右対称になるように意識しながら仕上げるのがコツ!

 

4、爪の表面をサンディングする

プレパレーション,手順,ジェルネイル,下処理,下準備,やり方,コツ,サンディング

 

目の粗いファイル(爪やすり)で爪の表面をサンディング(削る)し、爪のツヤを取ります。
表面に軽くキズをつけることでジェルが密着して剥げにくくなります。同じところばかりサンディングしないように気をつけて!
サンディングするときは、鉛筆を持つように、親指と人差し指の間で挟んで、中指で支えて持つのがコツです。

 

5、ダストを払う

ダストブラシを使って、爪についたダスト(汚れや削りカス)を払い落とします。爪のキワや裏まで丁寧に払いましょう。

 

6、汚れを拭き取る

コットンにジェルクリーナーを含ませて、爪についた汚れを拭き取ります。ハケを使い爪全体にプレプライマーを塗って爪表面の消毒をします。

 

以上で最も大切なジェルネイルの下処理、プレパレーションが完了です。次はいよいよジェル!!今までより数段、ジェルの持ちも良くなっているはずですよ。

 

スポンサードリンク