ジェルネイルのやり方 一色塗り

ジェルネイル(一色塗り)のやり方

ジェルネイル,やり方,一色塗り,持ち,キット,オフ,落とし方,長持ち,自宅,手順

ジェルネイルの人気が高まっています。

 

ジェルネイルとは新しいアートネイルの技法のひとつで、爪の上にゲル状のアクリル合成樹脂を置いて、専用のUVライトに照射して硬化させるというものです。

 

私も月に一度ネイルサロンへ通ってジェルネイルを楽しんでいる一人です。 もともと爪が弱く割れやすかったんですが、ジェルネイルをすることで爪の補強になって長時間艶と輝きを楽しむことができています。

 

地爪をジェルでコーティングする手法が主流なので見た目はもう、全然自分の爪!というほど自然な仕上りなんです。 これがまず3週間は美しく保つことができます。ほんと長持ちします。お金をかけてもいい理由がこれです。

 

ジェルネイルのやり方を覚えて、自宅やってみたい、という人も多いみたいですね。ひとつずつ揃えるのは手間ですが 「ジェルネイル キット」を購入すれば必要な用品はすべて揃うので便利だと思います。

 

スポンサードリンク

ジェルネイル(一色塗り)のやり方

まずはシンプルにカラージェルで一色塗から挑戦しょう。手順を覚えて慣れてきたらグラデーションやフレンチなどの凝ったデザインにしていきましょう。ストーンをプラスすることでとても華やかになりますよ。


ベースジェルを塗る
@根元の中央にベースジェルを乗せて、爪先に向かって薄く伸ばします。

 

A残ったジェルを広げるように、両サイドも爪先に向かって伸ばしましょう。塗り終わったらライトで硬化させます。

 

カラージェルを塗る
@マニキュアを塗る感覚で大丈夫、カラージェルを塗っていきます。中央は根元から爪先に向かって伸ばします。

 

Aサイドも爪先に向かってカラージェルを伸ばしていきます。二度塗りするので、一度塗ったら(薄くなっても平気)ライトで硬化させます。

 

B2度目を塗ったら塗り残しがないかよく確認してから再びライトで硬化させます。

 

トップジェルを塗る
B仕上げに同様にトップジェルを塗って硬化させて終了

 

 

ちょっとしたコツがあって、マニキュアも同様ですが最初に塗るときは爪の表面だけでなく爪の先端を囲むように内側も塗ることで剥がれにくくなります。

 

ただ自分でジェルネイルのやり方を覚えて実際に実行するとなるといくつかのネイル用品が必要になります。ジェル(意外と高い)、ジェルを塗る筆、紫外線で固める為のライトは必須です。ジェルネイルをする前に地爪のケアが必要なのでそのための用品も必要になってきます。

 

忘れてはいけないのがジェルネイルは持ちがいい、ということは、それだけ落とし方も簡単ではないということです。除光液では無理です(笑) 手間が結構かかります。簡単に説明するとコットンに専用のリムーバーを染み込ませて爪を一本ずつ覆ってからアルミホイルで密閉したあとウッドスティックで落とします。

 

ネイルサロンではオフ、といって、前回のネイルを落として手入れをしてくれます。オフ代が必要で月に一度ジェルネイルをする、といのは「オフ代+ネイル代」が必要となるわけです。オフしてもらうのだけはネイルサロンで、というほうがいいかもしれません。そのほうが自分でやるよりも爪のダメージが少ないと思います。

 

 

スポンサードリンク