ジェルネイルとは

ジェルネイルとは

ジェルネイル,ジェルネイルとは,スカルプ,簡単,やり直し,手軽,痛む,違い

ネイルには主にマニキュア(ポリッシュ)、アクリル(スカルプ)ネイル、ジェルネイルの3種類があります。

 

ジェルネイルは、マニキュアよりも剥がれにくく持ちがよく、アクリルネイルよりもオフが簡単です。

 

「ジェル」とは、合成樹脂のことで、水飴(ゲル)のような粘度をもっています。

 

紫外線(UV)や可視光線(LED)に反応して硬化する性質があり、自爪を強化したり、自爪よりも長い人工爪を作ることができます。

 

 

またジェルネイルにはスカルプやマニキュアのような強い臭いもないので、自宅でも気軽にセルフネイルを楽しむことができるのも人気の理由です。

 

スポンサードリンク

ジェルネイルで爪は痛むの?

ジェルネイルの下準備として、密着力を高めるためにサンディングといって、自爪の表面を軽く傷をつけます。ジェルの持ちや仕上がりを左右する大切な工程です。

 

爪が痛むのでは?こんな意見も少なくありませんが、サンディングは自爪のツヤを消す程度に行うので大丈夫。ただし必要以上のサンディングは自爪が薄くなるので注意しましょう。

ジェルネイルとアクリルネイル(スカルプ)の違い

ジェルネイルとアクリルネイル(スカルプ)の大きな違いは「硬化方法」です。ジェルは専用のライトを当てることで硬化します。つまりライトを当てるまでなら何度でもやり直しができるのです。

 

スカルプは自然に固まってしまうのでやり直しができません。またアクリルネイルがセルフに向かないのは強烈な刺激臭で、臭いで体調が悪くなる人もいるようです。初心者にとっては、ジェルは強い臭いはなく、やり直しもできるので手軽に挑戦できそうです。

 

スポンサードリンク