リンパの流れをよくするマッサージ効果

リンパの流れをよくするマッサージ

リンパ,流れ,マッサージ,効果,老廃物,むくみ

リンパマッサージはリンパの流れをよくすることが目的です。

 

血液は心臓によるポンプ機能で血管中を流れていきますが、リンパは自発的に収縮するポンプ機能によってリンパ液がゆるやかに流れ、体内のリンパ液を運び老廃物を排出します。

 

リンパの流れが悪いと老廃物が体内に滞ってしまいます。

 

「顔がむくむ」「太もも」「ふくらはぎ」などの「むくみ」ですが、体の一部分だけが特に太くむくんでいる場合は、その部分のリンパ液が流れるリンパ管に老廃物が溜まった状態です。

 

スポンサードリンク

リンパの流れはゆっくりで、寝ているあいだはよいのですが、起きて活動している時はリンパ管の周囲の「筋肉」がポンプの役割をしています。

 

むくみを解消するにはリンパの流れをよくすることが大切です。運動してリンパ管の周囲の「筋肉」を伸縮させること、そしてマッサージを加えていきましょう。

 

滞ったリンパ液の流れをよくなると、新陳代謝がよくなり免疫機能を高めたり、老廃物を排出しむくみやたるみを改善していきます。

 

マッサージ効果を高める3つのこと

1、リラックスした状態でマッサージを行いましょう。リラックスすることで副交感神経に働きかけ、血管やリンパ管がゆるんで流れが良くなります。

 

2、入浴中にマッサージを行うと、体が温まり筋肉がほぐれリラックス状態のためにリンパの流れが良くなります。

 

3、マッサージ後は水分を補給します。マッサージを行うと老廃物が排出されやすくなるので、水分を補給して尿や汗として排出する機能を高めます。水分は常温で。

 

スポンサードリンク

 



TOP リンパマッサージ